無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


テスラのオートパイロットを実際に試してみた…高速道路のような単調な長時間ドライブでは大きな力を発揮

テスラ モデルY車内

テスラ モデルY

Tim Levin/Insider

  • テスラの先進運転支援システム「オートパイロット」を、テスラのSUV「モデルY」で試してみた。
  • オートパイロットをオンにすると、道路のカーブに合わせて自動的にハンドルを切り、交通の流れに乗って走る。
  • 退屈な高速道路の長距離ドライブでは、ありがたいツールになりそうだ。

イーロン・マスク(Elon Musk)が常に言っていることだが、テスラ(Elon Musk)は自動車メーカーであると同時にソフトウェア会社でもある。

あなたが肯定するかどうかは別として、テスラで最も話題を集め、最も議論を呼んだ技術が「オートパイロット(Autopilot)」であることは間違いないだろう。

テスラのオーナーの多くは、この半自動運転機能に信頼を寄せている。同時に、連邦政府はオートパイロット機能の付いた車が駐車中の緊急車両と衝突した事故の調査を行っている。安全装置の専門家の中には、「オートパイロット」という名称は、自動運転ではないにも関わらず、この機能に対して過度の信頼を招いてしまうと主張する者もいる。

言うまでもないが、筆者はテスラのモデルY(Tesla Model Y)を試乗した時、ぜひオートパイロットを実際に試してみたいと思った。

「オートパイロット」は自動運転なのか

テスラのモデルY。

テスラのモデルY。

Tim Levin/Insider

2014年に初めて発表されたオートパイロットは、複数のカメラを利用して周囲の交通状況を「見て」、運転の一部を担う先進的な運転支援システムである。基本的には、オートパイロットはクルーズコントロールの高性能バージョンで、先行車に合わせて速度を調整し、道路のカーブに沿ってハンドルを自動操作する。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み