無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


シアトルのスターバックス1号店に行ってみた…創業時からは大きく変化していることがわかった

スターバックス1号店の窓には、開業当時のロゴが描かれている。

スターバックス1号店の窓には、開業当時のロゴが描かれている。

Epics/Getty ImagesSBUX?Starbucks

  • 50年以上前にオープンしたシアトルのパイクプレイス・マーケットにあるスターバックスの1号店を訪ねた。
  • 開店当初はコーヒー豆の販売だけで、現在とはまったく異なるビジネスモデルでスタートした。
  • スターバックスは現在ドライブスルーやカスタマイズされたコールドドリンクで知られているが、今回の訪問で開店当初との違いがよくわかった。

先日シアトルに行った際、パイクプレイス・マーケットにあるスターバックス(Starbucks)の1号店を訪ねてみた

スタバ一号店

Mary Meisenzahl/Insider


1号店はマーケットの他の店舗やレストランなどと並んでおり、今も開業当時のデザインのロゴを掲げている

スタバ一号店

Mary Meisenzahl/Insider


訪問したのは月曜日の午前だったが、半マイル(800メートル)もの長い列ができていたのでスターバックスの1号店を見つけるのは簡単だった

スタバ一号店

Mary Meisenzahl/Insider


行列のためにロープが張られ、店内が空くとスタッフが並んでいる人に中に入るよう促していた

スタバ一号店

Mary Meisenzahl/Insider


店内で最初に目に入って来たのは、最近スターバックス史上最も成功した週をけん引した秋の名物ドリンク「パンプキン スパイスラテ(Pumpkin Spice Latte)」の看板だった

スタバ一号店

Mary Meisenzahl/Insider

Source: Insider


この店は、すべてがスターバックスの歴史へのオマージュになっている

スタバ一号店

Mary Meisenzahl/Insider


スターバックスの名前の由来となったハーマン・メルヴィル(Harman Melville)の小説『白鯨』の登場人物であるスターバック(Starbuck)を称えるレリーフが、この店が1号店あることを示している

スタバ一号店

Mary Meisenzahl/Insider


ツアーガイドによるとカウンターや床は開業当時のままだという

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


開業当時はドリンクを提供しておらず、コーヒー豆の販売だけをしていたため、カウンターの下にはさまざまな種類のコーヒー豆が展示されている

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


ホスト役の地区マネージャーの案内で、この1号店にちなんで「パイクプレイス(Pike Place)」と名付けられたコーヒーをテイスティングさせてもらった

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


コーヒーのテイスティングはワインと同じで、まずは香りを嗅ぐことが大切だと学んだ

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


そして、このブレンドのチョコレートの風味を感じるため、指示通りにすすってみた

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


「パイクプレイス スペシャルリザーブ(The Pike Place Special Reserve)」はこの店でしか入手できない豆だ

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


店のスタッフが交代でコーヒー豆を袋詰めしている

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


「パイクプレイス スペシャルリザーブ」は、この店のカウンターで手作業でひとつずつ袋詰めされ、ラベルが貼られていく

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


この1号店は、博物館、ギフトショップという機能も担う店舗だと言える

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


1号店限定のテディベア「ベアリスタ(Bearista Bear)」は、開店当時のスタッフのユニフォームだった茶色のエプロンを身に着けている

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


店に置かれれているほとんどが、何らかの形でシアトルやパイクプレイスを連想させる物だ

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


パイクプレイス・マーケットがモチーフになっているマグカップなど地域限定グッズも販売されている

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


希少価値の高い地域限定マグカップは、ファンの間で人気が高く、インターネットなどで取り引きされている

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider

Source: Eater


開店を知らせる当時の新聞など、歴史の断片がところどころに展示されている

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


オリジナルのコーヒーバッグが額に入れて飾られている

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


スターバックスになる前は種とスパイスの専門店だったせいか、このようなはしごがあるのも特徴的だ

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


スターバックスがパイクプレイス・マーケットという大きなコミュニティの中でどのような存在であるべきかを考えて店はデザインされている。パイクプレイス・マーケットのマスコットのブタがドアの上に鎮座しているのもそのためだ

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


「ポーク・アンド・ビーンズ(Pork and Beans)」として知られるこのブタは体全体がコーヒー豆で覆われている

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


一方、ドリンクを注文に応じて提供している場所は、まったく別の時代のものであるかのように感じられる

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


店内の半分は、コーヒー豆とホットコーヒーを販売してきたスターバックスの歴史が紹介されているが、実際にバリスタがドリンクを作っている様子を見ると、現在のスターバックスが創業当時といかに違っているかがわかる

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


カウンターの奥では、コールドブリューコーヒーやフラペチーノなどをカスタマイズしたドリンクのオーダーにバリスタが慌ただしく対応していた

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


スターバックスの開店当初はメニューになかったコールドドリンクは、今では売り上げの約70%を占めるようになっている

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider

Source: Insider


この第1号店にはドライブスルーはないが、ドライブスルーでの売り上げはスターバックスの売り上げの約50%を占めている

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider

Source: Insider


カウンターの裏には、カスタマイズ用のさまざまな種類のシロップやミルクが用意されていた

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider


バリスタが使う機材も近いうちに当初の手順とは異なるものになるだろう。なぜなら、コールドドリンクに最適化された新しいマシンが開発中だからだ

スタバ一号店店内

Mary Meisenzahl/Insider

Source: Insider


筆者はスターバックスの1号店を訪れ、同社が消費者の嗜好の変化に合わせて大きくシフトしてきたこと、そしてそれを数十億ドル(数千億円)規模のビジネスに成長させたことに感銘を受けた

スタバ一号店

Mary Meisenzahl/Insider

[原文:I visited the original Starbucks in Seattle, and it shows just how much the business has changed in 50 years

(翻訳:大場真由子、編集:Toshihiko Inoue)

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み