無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Facebook広告のトラブルで世界中の企業が大迷惑。売上90%減、スタッフ解雇も

Facebookの画面

PixieMe/ShutterStock

クラウスとセリーヌのランガー夫妻の息子は車が大好きだった。だが息子の塗り絵ブックに出てくる車はどれも子どもじみた漫画タッチのものばかり。そこで夫妻はグラフィックデザイナーに依頼し、優美なポルシェ911や巨大なトラック、クラシカルでパワフルなアメ車といったオリジナルの塗り絵ブックを作ることにした。

2019年に2人はショッピングサイトのショッピファイ(Shopify)で世界に向けてこの塗り絵の販売を開始した。購入者はダウンロードして自宅でプリントアウトできる。

カラー・クラッシュ・ブックス

カラー・クラッシュ・ブックスのメンバー。左からセリーヌ・ランガー、クラウス・ランガー、エマ・クロンショー・ハント。

Color Crush Books

新型コロナウイルスのパンデミックの間、事業は拡大。2人はフランスでカラー・クラッシュ・ブックス(Color Crush Books)を創業し、FacebookやInstagramに新たな顧客獲得のための広告を出稿した。その費用は1日あたり500ユーロ(約7万円、1ユーロ=142円換算)にのぼった。

だが2022年9月の初め、“事件”は起きた。同社がFacebookに出稿していた広告が突然止められたのだ。売上の約90%、金額にして約1万ユーロ(約140万円)が吹っ飛んだ。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み