無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イーロン・マスクはTwitterとの訴訟で負ける可能性大?買収契約を破棄できない4つの理由を法律の専門家が解説

イーロン・マスク

Twitter買収撤回で訴訟中のテスラCEOのイーロン・マスク。

REUTERS/Adrees Latif

イーロン・マスク(Elon Musk)は、過去数カ月にわたり、Twitterの買収契約を破棄しようとしてきた。そのためにかなりの費用が費やされているにもかかわらず、2022年末までにイーロン・マスクはTwitterの新たなオーナーになる可能性が非常に高いと、ある法律の専門家はいう。

「多くのマスクの主張は極めて弱いです」と、法学教授のロバート・ミラー(Robert Miller)は、ウェルズ・ファーゴ(Wells Fargo)のアナリストとのオンライン会議の場で語った。

2022年7月、Twitterはマスクに440億ドル(発表当時のレートで約5兆6000億円)で買収を履行するように迫り、デラウェア州の裁判所に訴えた。ミラーは、そのデラウェア州衡平法裁判所でM&Aや関連する法律を長く扱ってきた経験を持つ。

「私はマスクは敗訴すると思います。そして、マスクが負ければ、マスクは買収契約に署名するよう命じられる可能性が極めて高いです」

買収額は、マスクが同意していた440億ドルになるとみられる。ミラーは、自分に不利な判決に従わない姿勢をマスクが見せた場合、衡平法裁判所にはどのような権限があるかも語った。それによると、マスクのテスラ(Tesla)株の権利を剥奪したり、場合によってはマスクを収監することも可能だという。

あわせて読みたい

Popular