無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


性別に関係なくどの制服を着てもいい…ヴァージン・アトランティック航空が規定を変更

ヴァージン・アトランティック航空の客室乗務員。

ヴァージン・アトランティック航空の客室乗務員。

Ben Queenborough/Virgin Atlantic

  • ヴァージン・アトランティック航空は、客室乗務員が自分の好きな制服を着用できるようになったと発表した。
  • これまでは、客室乗務員の制服は男女別で分けられていた。
  • 代名詞バッジも導入し、従業員にはインクルーシブ・トレーニングを義務化するという。

2022年9月28日、ヴァージン・アトランティック航空(Virgin Atlantic)は、性別による制服を廃止したことを発表した。これにより、同社の従業員は性別に関係なく、自分が希望するヴァージン・アトランティック航空の制服を着られるようになった。

以前は制服が男女別に分けられていたが、9月28日の時点でこれらのカテゴリーはなくなったとCNNは報じている。

「この方針は本日より有効になり、ヴァージン・アトランティック航空の従業員が、自分らしさを表現できる制服を着用することで、彼らの個性を尊重する」と同社はInsiderに送った声明の中で述べている。

イギリスのファッションデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)がデザインしたヴァージン・アトランティック航空の制服はそのまま変わらず、赤いスカートやワインレッドのズボンといった選択肢も含まれている。

ヴァージン アトランティック航空は新たに代名詞バッジを導入する。

ヴァージン・アトランティック航空は新たに代名詞バッジを導入する。

Ben Queenborough/Virgin Atlantic

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み