無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


職場の「働かないおじさん」に不満。心を削られずに新たなチャレンジをするには?

サムネイル

撮影:今村拓馬

今回は、読者の方からのご相談にお答えします。

年功序列が根強く残る大企業に勤務する20代の女性が、同じ職場の「働かないおじさん」の存在に業を煮やしているようです。


Aさん

Aさん

私が勤める会社はいわゆる伝統的な大企業です。最近では「成果が大事」とも言っていますが、いまだに年功序列です。

今の職場で不満なのが、働かないおじさん社員の存在です。うちの会社も余裕はないので新しいことにもチャレンジしていかなければいけないと思うのですが、そういう提案を私のような世代がしても、「まずは今やっている仕事で一人前になれ」とか「社内に詳しい人がいないから無理だろう」とか、何かにつけて反対してきて、本人は何の提案もせずきっちり定刻で上がっていきます。

この会社にこの先もいたら、私もいずれあんな風になってしまうのかなと思うと焦ります。やっぱり転職したほうがいいでしょうか。こういう時代だから安定した企業のほうがいいかなと思って入社しましたが、かなりモチベーションが下がっています。

(Aさん/20代後半/女性/メーカー)


DX(デジタルトランスフォーメーション)をはじめ、時代の大きな転換期が訪れています。

そうした環境下で、Aさんが言うところの「働かないおじさん」——中高年齢層がなかなか変化に対応できず、若手層がフラストレーションを抱える構図があちらこちらで見られます。

多くの企業が危機感を抱いてはいますが、事業変革・組織変革をどれほど本気で推進しようとしているかは、企業によって温度差があるようですね。

Aさんの会社がこの課題に向き合わず、若い人たちにチャンスを与えようとしないなら、早々に見切りをつけて転職するという選択もあるでしょう。

20代後半は、転職市場でニーズが高く、異業種・異職種に転向するチャンスも豊富な年代。大きく成長できるチャンスの時期を、停滞した環境で過ごすのはもったいないと思います。

とはいえ、やはり転職にはリスクもつきものです。今の会社にいてこそ得られる経験・スキル、リソースに恵まれた環境、人間関係など、安易に捨てないほうがいい部分もあると思います。

転職に踏み切る前に、現状の改善を図ってみてはいかがでしょうか。

いくつかの方法をご紹介します。

「変革」に意欲的な部署・プロジェクトを探してみる

まずは、自分の部署内に閉じこもらず、社内を広く見渡してみてください。変革への意識が高い管理職、若手の成長促進を重視する管理職がいる部署がどこかにあると思います。

方針や取り組みに共感できる部署を見つけたら、異動願いを出してみてはいかがでしょうか。

大手企業であれば、「戦略子会社」のほうが新たなチャレンジをする風土があるケースも多いので、出向・転籍などの道もあるかと思います。

「異動まではできない・したくない」ということであれば、組織横断型のプロジェクトが動いていないか、これから立ち上げる計画がないか、調べてみましょう。

変革への取り組みは、社内の各部署からメンバーを集めてプロジェクトが発足することがあります。そうした情報にアンテナを張っておき、情報をキャッチしたら手を挙げて参加してみてください。

こうしたプロジェクトで経験を積んだり、評価を受けたりすることで、Aさんが望んでいるやりがいや成長を得られるかもしれません。

森本さん語録1

経営ボードとのつながりを作る

私がお勧めしたいのは、役員や事業部門長といった経営ボードとつながりを作り、仲良くなることです。

そうすれば、社内にあるチャンスをいち早くキャッチし、異動やプロジェクト参加といったチャレンジを後押ししてもらえる可能性があります。

私自身、会社に勤務していた若手時代は、さまざまな方法で経営ボードにアプローチしました。それにより、さまざまな情報を得たり応援してもらったりして、自分が望む方向へキャリアを展開することができたと思います。

経営ボードとつながる方法をいくつかご紹介しましょう。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み