無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アメリカの下位50%の世帯は、国全体の富の2%しか持たない…上位1%が3分の1を保有

富裕税を求めるデモ

Spencer Platt/Getty Images

  • アメリカ連邦議会予算局の新たなレポートは、富の分配についての現状を示している。
  • アメリカでは2019年に、上位10%の世帯が国の富の72%を保有していたことが分かった。
  • 富の成長は一様ではなく、裕福な人々がより裕福になるのは速い。そして、貧しい人々は後れを取っている。

過去30年にわたり、アメリカの裕福な世帯はさらに裕福になり、それ以外の人々は、いまだ大不況(Great Recession)から抜け出せていない。

アメリカで上位10%に入る世帯の富は、1989年から2019年で約60兆ドル(約8700兆円)増えた。一方、下位半分の世帯は、同期間でわずか1兆ドル(約140兆円)増だった。

これは連邦議会予算局(CBO:Congressional Budget Office)の新たなレポートによるもので、1989年から2019年の30年間に、アメリカの世帯の富がどのように変化したかを調べた結果だ。上院議員のバーニー・サンダース(Bernie Sanders)が要請したこのレポートは、アメリカにおける富の分配がいかに偏っているか、そして、いかに富裕層だけが豊かになったかを示すものだ。

「過去30年の富の増加は偏り、分布の上位に集中していた」とレポートは述べている。

「分布内の上位10%の世帯全体の富の増加は、それ以外の世帯に比べ速かった」

00002

階層別の世帯資産の増加の推移。

Chart: Madison Hoff/Insider

アメリカでは過去数十年、上流階級が財産の驚異的な成長を経験してきた一方、中流階級は以前ほど富を築くことができていない。調査で分かったのは、1943年から1973年には、一般的な世帯が富を倍にするのに要したのは約23年だったが、1973年から現在まででは100年以上になっているということだ。

一方で、20年間の富のデータを分析した不平等に関する研究では、世界的に見ても同様の格差があり、上位半分が世界の富の約98%を占めていることが分かった。これは、50年間にわたる富裕層への減税の研究の結果、富が「トリクルダウン」することはなく、むしろ不平等を悪化させたことを示している。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み