無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アップルCEO、コーディングの重要性を力説…「小学校で教えるべき最も重要な言語」

アップルのティム・クックCEO。

アップルのティム・クックCEO。

Jemal Countess/Getty Images for TIME

  • アップルのティム・クックCEOは、オランダのニュースメディアBrightとのインタビューで、メタバースなどについて語った。
  • プログラミングは「学ぶことができる最も重要な言語」であるとクックは語っている。
  • 彼は、誰もがプログラミングを学ぶべきであり、小学校で授業が行われるべきだと述べた。

アップル(Apple)のティム・クック(Tim Cook)CEOは、2022年9月30日にオランダのメディアBrightとのインタビューで、学校でコーディングスキルを教えることの重要性について語った。

「私は誰もが高校を卒業する前にプログラミングを学ぶべきだと思うし、さらに言えば小学校で教えるべきだと思う」とクックは語り、コーディングは「唯一の世界共通言語」だと考えていると付け加えた。

「これは学ぶことのできる言語のうちで最も重要な言語だ。もちろん、コミュニケーションには母国語の方が重要だが、プログラミング言語は創造性を発揮するための手段なのだ」

CNBCが2019年に報じたところによると、クックはもう何年も前からプログラミングを早期教育カリキュラムに取り入れることを推進しており、数学や歴史と同じように「コアスキル」だと主張している。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み