無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


不動産投資で手痛い失敗。始める前に知りたかった4つのこと

トム・ブリックマン

Courtesy of Tom Brickman.

トム・ブリックマン(39)が不動産投資を始めたのは、弱冠21歳のときだった。複数世帯が入れる9万ドルの物件で、彼は1階の部屋に住んだ。以来、彼はテキサスとオハイオの両州で21の賃貸物件を持つポートフォリオを組んできた。

「他の投資家が目もくれないようなものに集中しました」とブリックマンは語る。すぐに入居できる物件よりも、修繕が必要な安い物件を購入するほうが性に合っているのだと言う。

ブリックマンのポートフォリオは、もはや9時5時の仕事をする必要がないほど成長したため、現在はすべての時間とエネルギーを不動産ポートフォリオと、ネットショップの副業に振り向けている。

「自分にとって大事なものを優先できるようになりました」とブリックマンは言う。仕事を辞めた理由は主に、自分でスケジュールを立てられるという柔軟さが気に入っているからだという。

Insiderが確認した資料によると、ブリックマンが得ている利益は保有不動産からのものだけで月に7400ドル(約108万円、1ドル=146円換算)を超える。

しかし、ここに至るまでの道のりは決して平坦ではなかった。ブリックマンは、このポートフォリオを築くのに18年かかったこと、その過程ではいくつもの手痛い失敗をしたことを繰り返し強調する。

以降では、ブリックマンが不動産投資を始めたばかりの頃に知っていればよかったと思う4つのこと、そしてこれらの失敗から学んだことを紹介する。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み