無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


食べ物か暖房か… イギリスではこの冬、多くの人々が厳しい選択を迫られることに —— 利用者が急増するフードバンクを取材した

フードバンクの案内

Daniel Harvey Gonzalez/In Pictures via Getty Images

  • 人々が生活費高騰の危機に直面する中、イギリスではフードバンクの利用が増加している。
  • 家族のために食べ物を確保したり、暖房を使って家を暖かく保つのに人々は苦労している。
  • ウエストロンドンにあるフードバンクで、Insiderはお金や家族、孤独感について人々に話を聞いた。

人々が生活費高騰の危機に直面する中、イギリスではフードバンクの利用がこれまでにないペースで増加している。

その数はマクドナルドの約2倍だ —— イギリスにはフードバンクが2500カ所以上マクドナルドが1463店舗ある。

フードバンクでは、食料品やその他の生活必需品を購入できない利用者が増えている。イギリス最大のフードバンクのネットワークを誇る慈善団体トラッセル・トラスト(Trussell Trust)では、需要が80%以上伸びたという。

2022年5月にIndependent Food Aid Networkがフードバンクを運営する団体を対象に実施した調査では、93%が2022年の初めから食料品の需要が高まったと答えていて、その原因として95%が生活費危機を挙げた。

ノースロンドン郊外の裕福な住宅地でフィンチリー・フードバンク(Finchley Food Bank)を8年以上運営しているアンナ・モーガンさんは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックがフードバンクに対するニーズを飛躍的に高めたとInsiderに語った。パンデミック前は週に45世帯だった利用者がロックダウン(都市封鎖)中には週に140世帯 —— 人数にして約420人 —— に増えたという。

「人々はCOVID-19の危機から復活していないし、生活費危機で困窮世帯は増加しています」とモーガンさんは話した。賛同者からの寄付によって成り立っているモーガンさんのフードバンクでは最近、1日で152世帯に食料品を配ったこともあるという。

食料品

フードバンクに寄せられた食料品(2022年5月15日、ブリストル)。

Matt Cardy/Getty Images

ロンドンはイギリスの中で最も多くのフードバンクが運営されている地域だ。トラッセル・トラストでは、2021/22年度に28万3563人のロンドン市民を支援してきたし、他にも多くのフードバンクが助けを必要とする人のために食料品を提供してきた。ウエストロンドンのアールズ・コートで活動する「ダッズ・ハウス(Dad's House)」もその1つだ。

10月の爽やかな日差しが窓から差し込む中、ダッズ・ハウスのオフィスのテーブルには10人の人々が集まっていた。

彼らは、4人の子どもと一緒にイギリスに移住したシリア難民のジャマナさんが用意した昼食を食べていた。ダッズ・ハウスはもともとシングルファーザーを支援するために立ち上げられた慈善団体だが、今では数百人がさまざまなニーズを抱えてここを訪れている。全ての利用者に共通するのは、ジャマナさんの料理が大好きということだ。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み