無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


1分でわかるメタの次世代VRゴーグル「Meta Quest Pro」…20万円超の価格には理由がある

mqp1

メタの自社イベント「Meta Connect」の基調講演でスピーチするマーク・ザッカーバーグCEO。

出典:Meta Connect Keynote 2022より

メタが2022年の発表を予告していたVRゴーグルの上位モデルをついに発表した。

10月11日(現地時間)、メタのマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)CEOは、メタバース技術やビジネスに関する開発者会議「Meta Connect」をオンラインで開催した。

1年前に開発が公表されていたVRヘッドマウントディスプレイ「コードネーム:Project Cambria」こと「Meta Quest Pro」をついに正式発表した。

さらに、メタバース領域におけるマイクロソフトとの協業なども公表され、まさにメタのこの1年間の集大成とも言える発表会になっていた。

その詳細を3つのポイントに分けて解説する。

【1】性能強化で20万円を超えた「Quest Pro」

mqp2

正式発表された「Quest Pro」。

出典:Meta Connect Keynote 2022より

まず、10月25日に出荷開始となる「Meta Quest Pro」は2020年9月発表の「Meta Quest 2(当時はOculus Quest 2)」の、新たな上位機種という位置付けの製品だ。

その「上位らしさ」は、価格にも垣間見ることができる。Quest 2の直販価格が最廉価の128GBモデルで5万9400円(税込)なのに対し、Quest Proは256GBモデルのみの展開で22万6800円(税込)。同容量のQuest2と比べても約3倍も高い。

mqp3

専用コントローラーには3つのカメラを搭載し、コントローラー単体で空間認識ができるようになった。

出典:Meta Connect Keynote 2022より

QuestPro_package

付属品の一覧。ゴーグルを置くだけで充電できる専用充電器も付属する。

出典:Quest Pro販売ページより

価格の違いは、Quest Proが持つ性能にある。Quest Proの主な特徴は以下の通りだ。

  • 新型パンケーキレンズと高精細な液晶ディスプレイにより、Quest 2と比べて画面密度は37%向上、色域が1.3倍拡大。解像度は片目あたり1800×1920ドット
  • チップセット(SoC)はクアルコムとメタが共同開発した「Snapdragon XR2+ Gen1」
  • メモリーは12GB。ストレージは256GB版のみ
  • AI推論をベースにしたリアルタイム表情トラッキングに対応
  • Quest 2ではモノクロ映像だったパススルー(本体カメラを通して現実空間と拡張現実の映像を組み合わせる)機能が、フルカラーで4倍の解像度に
  • 2台のコントローラーは触感フィードバックに対応。各コントローラーに3つのカメラを搭載し、コントローラー単体で360度の空間検知が可能に
  • 専用の充電台が付属
  • Quest 2対応のアプリやゲームはすべて使える(後方互換性がある)

次世代VRゴーグルとしての「実力」は実機を試してみるまではわからないが、性能の向上だけではなく、頭に装着するバンド部分の後ろ側にバッテリーを搭載して重量バランスを取っている点や、充電台を用意するなど、Quest 2の経験からフィードバックを取り入れている印象がある。

なお、資料によるとバッテリーでの駆動時間は1〜2時間程度。ケーブルで充電しながらの操作も可能。

【2】MSのナデラCEOも出演、マイクロソフトとの連携強化

mqp4

Meta Connect Keynote 2022にはマイクロソフトのサティア・ナデラ会長兼CEOも登壇した。

出典:Meta Connect Keynote 2022より

Meta Connectの基調講演から伝わってくるのは、VR/MR/ARの本格的なビジネス利用だ。

Quest 2でもメタによるバーチャル会議室「Horizon Workrooms」などの仕事に使えるツールは存在したが、Connectではさらに踏み込んだ「実用性」を打ち出していた。

mqp5

定番のビジネスコミュニケーションツールの1つ、Microsoft TeamsのVR版。基調講演で披露された。

出典:Meta Connect Keynote 2022より

その象徴的な発表はマイクロソフトとの協業だ。Meta Connectにはゲストとして、マイクロソフト会長兼CEOのSatya Nadella(サティア・ナデラ)氏が出演した。

マイクロソフトとの協業により、以下の内容がQuest ProとQuest 2で利用できるようになる。

  • Quest上でMicrosoft Teamsのミーティングに参加可能に
  • メタのVR会議アプリ「Horizon Workrooms」からもTeamsのミーティングに参加できる
  • Teamsでメタのアバターが利用可能に
  • Word、Excel、PowerPoint、SharePointなどの「Microsoft 365」製品を操作できる
  • 「Windows」をストリーミングする法人向けサービス「Windows 365」にアクセス可能に
  • Questがセキュリティー管理に必要な「Microsoft Intune」と「Azure Active Directory」に対応

mqp6

メタのVR会議アプリ「Horizon Workrooms」からTeamsに接続している様子。左の画面の人たちはTeamsから参加しているようだ。

出典:Meta Connect Keynote 2022より

それぞれの機能は今後数カ月に順次、提供される見込み。

Microsoft 365関連のアップデートは、「VRで仕事ができる」環境を一気に拡大する上で欠かせないものの1つだ。また、特にTeams関連の新機能は、会議相手は普段使い慣れたTeamsに参加するだけでいいので、「普通に会議に参加したら、相手はVR空間にいた」ということが起きうる。

なお、上記のビジネス向け機能に加え、マイクロソフトのクラウドゲーミングサービス「Xbox Cloud Gaming(ベータ版)」も、Quest向けに提供される予定だ。

【3】メタ純正の会議室もVR空間から現実世界へ

出典:Meta

ビジネス向けで言えば、メタのVR会議ツール「Horizon Workrooms」自体にも新機能が追加される。

Quest Pro独自の機能としては、ゴーグル内のセンサーを利用した表情検出機能に対応。自然な表情をアバターでも再現でき、対面のコミュニケーションに近づく。

そのほかにも、ビデオ会議アプリ「Zoom」などでおなじみのブレイクアウトルーム(参加者をグループに分ける機能)、ホワイトボードの付箋機能、最大3つのバーチャルスクリーンの対応、3Dモデルの表示機能も予告された。

また、Teams同様、Zoomとの連携も発表しており、2023年初頭にはZoom経由でのWorkrooms参加が可能になる。

mqp7

Magic Roomのイメージ。現実の空間にアバターやオブジェクトを登場させるMR(複合現実)の実用ツールを目指している。

出典:Meta Connect Keynote 2022より

なお、実験的な機能として「Magic Room」もデモとして公開された。

Horizon Workroomsが、ビデオ参加者以外はVR空間でアバターでコミュニケーションをする「完全VR空間の会議」に対し、Magic Roomは現実空間にアバターやオブジェクトを表示する複合現実(MR)的なアプローチの機能になる。

Magic Roomはまだ開発中ということで、開始時期は未定。また、Quest Proのフルカラーのパススルー機能がキーになってくるため、モノクロ対応のみのQuest 2で利用できるかはまだわからない。

(文・小林優多郎

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み