無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


裕福なミレニアル世代は株式市場に頼らない…彼らのポートフォリオを覗いてみよう

ミレニアル世代の富裕層のイメージ

ミレニアル世代の富裕層は、株式市場よりも仮想通貨、美術品、不動産、未公開株への投資を好む。

Tetra Images/Getty Images

  • ミレニアル世代の富裕層の75%が、株式市場が自分たちの求めるリターンを生み出せないと考えている。
  • ミレニアム世代と同様の回答をした年長の投資家は32%にとどまっている。
  • 若い投資家には仮想通貨、未公開株、不動産、さらには美術品などが人気が高い。

この1年間、株式市場は苦戦を強いられてきたが、年配の世代は依然として株式市場を信頼し、苦労して稼いだ資金を投入している。しかし、ミレニアル世代の富裕層は他の選択肢を模索し始めているようだ。

これはバンク・オブ・アメリカ(Bank of America)が2022年10月11日発表した「アメリカの富裕層に関する調査(Study of Wealthy Americans)」によるものだ。この調査は、2022年5月と6月に実施された投資可能資産が300万ドル(約4億3800万円)を超える21歳以上のアメリカ人1000人以上へのインタビューをもとにしている。

調査報告書によると、21歳から42歳の調査対象者(つまり、ほぼミレニアル世代)の75%が「伝統的な株式と債券だけでは平均以上のリターンを得ることは不可能」と感じていることがわかった。ちなみに43歳以上で同じことを感じていたのは32%に過ぎなかった。

調査対象となったミレニアル世代の富裕層は、ポートフォリオの25%を株式に投資しているのに対し、それより年長の投資家は55%だった。そしてミレニアム世代の富裕層は未公開株式、コモディティ( エネルギー、貴金属、非鉄金属、農産物などの商品)、不動産、さらには美術品などのオルタナティブ投資に、年配層の5%に対して16%と3倍以上を充てている。こうしたミレニアル世代の間でも仮想通貨は人気が高く、ポートフォリオの15%を占めているのに対し、年長の投資家では2%に過ぎなかった。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み