無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「次は“仕事”だ」Quest Proが開拓するビジネス・メタバース戦略を幹部に聞く

マーク・ザッカーバーグCEO

Meta Quest Proを発表したマーク・ザッカーバーグCEO。

出典:Meta

メタバース関連事業に注力するメタ(旧Facebook)が、年次開発者会議「Meta Connect」の基調講演で、新しい次世代VRゴーグル「Meta Quest Pro」を発表した。

詳しくは別記事をご参照いただきたいが、狙いは明らかだ。

メタはゲーム用の「Quest 2」とは別のラインをつくり、Proで新しい領域を拡大しようとしている。

マーク・ザッカーバーグCEOは基調講演で、「VRでできることを拡張するために開発した」と説明している。

その領域とは「仕事」、つまり業務領域だ。

Meta Connect基調講演と、同社バイスプレジデントへのインタビューから、方向性を探ってみよう。

高性能は「ゲームにも生きるが仕事のため」

マーク・ラブキン氏

メタのVP of VR at Reality Labsのマーク・ラブキン氏。

画像:筆者によるスクリーンショット

Quest Proは、いわゆる「高級機」でも「高性能機」でもない。

従来のQuest 2が「気軽に家庭で使える、ゲームとフィットネスを主軸にしたVRデバイス」であるのに対し、Quest Proは、PCなどと一緒に使う「仕事のためのデバイス」であることは明白だ。

もちろん、Quest Proでもゲームはできる。Quest 2向けにつくられたタイトルはすべてより快適に動作し、「開発者が最適化すれば、さらに良いものになる」(Meta・VP of VR at Reality Labsのマーク・ラブキン氏)という。

すでにいくつかのゲームメーカーからは、Quest Proの備えた「シースルーAR」を活かしたゲームが発表されている。

これらは、「高性能なPCがゲームでも新しい可能性を拓いている」ことと同じような状況、と考えていい。

使っているプロセッサーも、クアルコムと共同開発した「Snapdragon XR2+ Gen1」で、Quest 2の1.5倍の電力で、より高い性能を出せる構造になっている。

Adobe モデル

Adobeとも連携し、3Dモデルの制作ツールが登場する。

出典:Meta

半導体の高い性能はもちろん高度なゲームをつくることにも使えるが、多数の人で会議をしたり、3Dデータをアーティストがつくり出したりすることにも、非常に役に立つ。

文書を読みやすくするため、高価な最新技術を投入

Immersed

「Immersed」というアプリを使い、空間に複数の画面を投影。Quest Proでは文字がさらに読みやすくなるという。

出典:Meta

VRゴーグルが「仕事のための要素」を実現するには、何が必要なのだろうか?

Quest Proについてラブキン氏は「より文字などが読みやすい光学系を採用し、プレゼン資料や文書などを扱いやすくなるだろう」と話す。

VR機器では「没入」のために広い視野が重要、と言われてきた。それは事実だが、他方で「現実と同じように詳細に見える」ことも必要となる。

2022年6月、メタは「現実と見分けがつかないVR」を目指し、様々なVRゴーグルを研究開発していることを公表した

その中でも、ディスプレイパネルそのものの解像度ではなく、「VRゴーグルを自分がかけた時、目に見える解像感」を重視していた。

Quest Proは、ディスプレイのパネル解像度はQuest 2と同じであるものの、よりサイズの小さいものを採用し、「画素密度」を37%高めている。

さらに、バックライトの明るさを精密に制御する「ローカルディミング」技術を採用し、消費電力低減と高画質化の両方を目指した。

Quest Proが使ったのはQuest 2に比べ高価で、まだ採用例のないデバイスではあるが、その分、精彩感とコントラストが高まり、文字などは読みやすくなると予想できる。

画面性能

画素密度を37%高め、コントラストも75%と大幅にアップする。

出典:Meta

そうした新デバイスの積み重ねは、結果的に製品価格の上昇につながる。

一方、PCが高価ではあるが仕事に必要なものであるように、VRゴーグルが仕事に必要なものになるなら、それは一定の価格であってもいいだろう。

価格

確かに高価だが、ノートPCの価格を想定すると納得しやすくなる。

出典:Meta

アメリカでのQuest Proの価格は「1499ドル」。円安の日本では22万円オーバーの高級品に見えるが、1500ドルというのは、「ちょっといいノートPC」の価格に過ぎない。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み