無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


NASA、観測史上最も明るいガンマ線バーストを検出

ブラックホールから強力なジェットが発生し、光速に近い速度で粒子が移動する様子を表したイラスト。

ブラックホールから強力なジェットが発生し、光速に近い速度で粒子が移動する様子を表したイラスト。

NASA/Swift/Cruz deWilde

アメリカ航空宇宙局(NASA)の宇宙望遠鏡が、観測史上最も明るく、最もエネルギーの強いガンマ線バーストを検出した。

19億年前、死にゆく星が崩壊して激しく爆発した。そのとき放出されたガンマ線が地球に向かって進み、2022年10月9日、ついに地球周辺にまで到達した。それが3つの軌道上の宇宙望遠鏡、フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡、ニール・ゲールズ・スウィフト観測衛星、そして探査衛星WINDの検出器を作動させたのだ。

スウィフトのX線望遠鏡は「GRB221009A」が最初に検出されてから約1時間後に、その残光を捉えた。このバーストの方向にある銀河系のちりの層で散乱されたX線によって明るいリングが検出された。

スウィフトのX線望遠鏡は「GRB221009A」が最初に検出されてから約1時間後に、その残光を捉えた。このバーストの方向にある銀河系のちりの層で散乱されたX線によって明るいリングが検出された。

NASA/Swift/A. Beardmore (University of Leicester)

これらの望遠鏡や世界中の天文台は、強力な光を放出して拍動するガンマ線の発生源をすぐに突き止め「GRB 221009A」と名付けた。

このガンマ線バーストは観測史上最も明るく、強力な爆発現象だったとNASAは10月14日に発表している。望遠鏡が捉えた画像は、この爆発がいかに劇的であったかを示している。


スウィフトに搭載された紫外線・可視光望遠鏡を用い、可視光で撮影された一連の画像。「GRB 221009A」(丸印)の残光が約10時間の間に暗くなっていく様子が分かる。

スウィフトに搭載された紫外線・可視光望遠鏡を用い、可視光で撮影された一連の画像。「GRB 221009A」(丸印)の残光が約10時間の間に暗くなっていく様子が分かる。

NASA/Swift/B. Cenko

「我々の研究グループでは、このバーストを『BOAT(Brightest Of All Time:史上最高の明るさ)』と呼んでいる。1990年代からガンマ線望遠鏡が検出してきた何千ものバーストと比べても、これは際立っているからだ」とノースウェスタン大学の博士課程学生ジリアン・ラスティンジャド(Jillian Rastinejad)が声明で述べている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み