無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アメリカが1年以内に景気後退に入る確率は100%…ブルームバーグが分析結果を発表

Traders work on the floor of the New York Stock Exchange

Spencer Platt/Getty Images

  • ブルームバーグ・エコノミクスは、アメリカ経済が1年以内にリセッション(景気後退)に入る可能性が100%だと発表した。
  • 金融引き締め政策、インフレ、地政学的緊張の高まりが経済を圧迫していることが理由だ。
  • バイデン政権は、11月に行われる中間選挙を前にして、高まる警告を軽視している。

ブルームバーグ・エコノミクス(Bloomberg Economics)の統計分析によると、アメリカ経済が12カ月以内に景気後退に転じる確率は100%であることがわかった。

2023年10月までに、持続的で深刻な景気後退がアメリカを襲うことは、ほぼ確実だという。前回の分析では同時期に景気後退が起こる確率は65%で、圧力が高まっていることを示している。

この予測は、40年来の高水準にあるインフレ、大幅な利上げ、地政学的緊張の高まりが相まって、経済が圧迫されていることを意味している。

ビル・アックマン(Bill Ackman)などの有力投資家は、金利上昇が住宅ローンに与える影響などを指摘し、2023年の景気後退に警鐘を鳴らしている(ただし、確実に後退すると言う人物はいない)。

しかし、バイデン政権は11月に行われる重要な中間選挙に向けて、暗い警告を控えめにし、明るいトーンを打ち出そうとしている。ジョー・バイデン大統領は、経済がうまく回っていることを示してアメリカ人に安心させたいと考えているようだ。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み