無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Z世代は職場の不満をSNSで発散…彼らを悩ませているのは主に3つのこと

DeAndre Brown

DeAndre Brown

  • 2027年までにZ世代が労働人口の27%を占めるという報告がある。
  • Z世代のTikTokerたちは、それぞれの職場で何を変えるべきかという声を上げている。
  • ジョークとして盛り上がっているが、専門家によるとソーシャルメディア上で「有意義な会話」が始まることがあるという。

初めて会社勤めをするZ世代や新卒者は、職場での不満をソーシャルメディアで発散している(他に発散できる場がないからだ)。

ノートパソコンのブランドから、不安でたまらない電話での会話まで、Z世代は仕事をする上で変えたいと思うことを臆することなく発信している。このことは雇用主にとって従業員が何を望み、何を望んでいないのかを理解するのに役立つかもしれないと専門家は述べている。

フォーブスのレポートによると、2025年までにZ世代が世界の労働人口の27%を占めるようになるという。前の世代から仕事を引き継いだZ世代は、今の仕事のやり方は自分には合わないと指摘している。

ワークプレイスの専門家であるジェン・リム(Jenn Lim)は、Z世代が職場のよくない側面をティックトック(TikTok)に投稿することについて、見解を述べている。

「Z世代はまだ多数派ではないが、これからそうなる。好むと好まざるとにかかわらず、ソーシャルメディアは主要なコミュニケーションの場になっていく」とリムはInsiderに語っている。

「実際、ソーシャルメディアから有意義な会話が生まれている」

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み