無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


規格外の和栗をアップサイクルしたモンブランキット登場。スナックミーと石井食品のコラボにより実現

毎年10月は「食品ロス削減月間」、10月30日は「食品ロス削減の日」だ。

農林水産省と環境省の調査によると、日本国内では食品ロスの量は年間約522万トン(2020年度)にも及ぶ。年々減少傾向にあるとはいえ、持続可能な社会の実現のためにはさらなる削減が不可欠だ。

221020snaq_me01

アップサイクル 和栗のモンブランキットの価格は税込1980円。発送は2022年11月4日以降順次の予定。

提供:スナックミー

事業系の食品ロスを減らすため、食品業界では様々な取り組みが始まっている。

おやつのサブスクサービス「snaq.me」を運営するスナックミーと、無添加調理での製品作りを進めている石井食品が協業。栗ごはんの製造においては使い道のない栗を活用した「アップサイクル 和栗のモンブランキット」を2022年10月18日に発売した。

221020snaq_me02

提供:スナックミー

アップサイクル 和栗のモンブランキットに使われる栗は、石井食品の「栗ごはんの素」の製造においては使用できない“規格外”の原料だ。1つの栗の実の間に渋皮が入ってしまっているものの、原料の品質や工場内での品質管理に通常の原料との違いはない。そのため、渋皮が含まれてしまうという特徴をむしろ活かす製品作りを模索し、今回の製品にたどり着いたという。

221020snaq_me03

提供:スナックミー

キットは、モンブラン用のカップケーキ(4個)、トッピングのクランブル(20g)、そして和栗の渋皮の風味を活かしたモンブランクリーム(100g×2個)という内容。土台のカップケーキに自分でクリームを絞り出して盛り付け、クランブルをトッピングすれば完成となる。クリームはクラッカーやパンなどに盛り付けても美味しく食べられるため、多めに入っているのは嬉しい。

221020snaq_me04b

画像:snaq.me

スナックミーでは以前から、さまざまな“アップサイクルおやつ”を開発。2022年3月からは、廃棄してしまう野菜や果物を全国の生産者から募り、共同で製品開発する「スナックミーとアップサイクルおやつプロジェクト」を開始している。

スナックミーのアップサイクルおやつの今後の展開に注目しつつ、このアップサイクルの取り組みが他の食品メーカーや生産者にも広がることを期待したい。

(文・加藤肇)

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み