無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ほとんどのZ世代は雇用に不安を抱え、家を買えると思っていない…最新の調査で

自宅で働くZ世代。

Tony Anderson/Getty Images

  • マッキンゼーの新しい調査によると、Z世代は仕事に安心感を持てず、家を買うことができないという。
  • 最も若い労働者であるZ世代は、複数の職に就いたり、ギグワーカーになったりする傾向が強い。
  • しかし、それはパンデミックに悩まされてきた世代にとっては特に驚くべきことではない。

Z世代は経済的に不安定なことを悩んでおり、家を持つことも仕事を引退することもできないと考えている。

労働者の中で最も若い世代がどのように感じているかを調べた最新の調査では、パンデミックに見舞われてきたこの世代の経済状態がいかに悪いかが示されている。マッキンゼー(McKinsey)は、18歳から24歳のZ世代の1763人のアメリカ人を対象に「アメリカン・オポチュニティ・サーベイ(American Opportunity Survey:AOS)」を実施した。AOSは2022年3月15日から4月18日にかけてアメリカの成人2万5062人を対象に経済状況や見通しについて尋ねた調査で、これはその一部だ。

Z世代にとっての状況は悪い。調査対象者の25%は、複数の仕事をしていると回答しており、これはすべての労働者の回答である16%よりはるかに高い。Z世代はフリーランス、契約社員、派遣社員、ギグ・ワークなどの「独立した仕事」をしている割合も高い。このような人々の大多数はフルタイムの非契約労働者であることを望んでいる。

また、これらの労働者のうち、雇用が維持されるかどうかさえ確信が持てない人も多かった。Z世代の45%が雇用の安定性に懸念を示した一方、全労働者では同じ回答をした人は40%だった。

それには納得がいく理由がある。新型コロナウイルスのパンデミックに見舞われ、Z世代は不当に影響を受けたからだ。彼らは最も失業者の多い世代になってしまった。最高齢が25歳前後であるZ世代は、パンデミックによって人生の重要な節目が大きく混乱してしまった可能性がある。例えば、2020年のクラスは子ども部屋でZoomでの授業を受けるようになった。

これはZ世代が職場で最も苦労している一つの要因になっているかもしれない。それはメンタルヘルスの問題だ。マッキンゼーの調査は、Z世代の約4分の1はメンタルヘルスの問題が効果的に働く能力に大きな影響を与えていると報告している。Z世代の大多数はメンタルヘルスの診断や治療を受けたことがあると述べているが、彼らの5分の1はサービスを受ける余裕がないという。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み