無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ポケットに入るコンパクトサイズで長時間使用可、懐中電灯にもなる2WAYランタン

こちらの記事はルーミーから一部編集の上、転載しています。

夜のキャンプに欠かせないアイテムといえば、ランタンだ。

ランタンには、ガスや灯油、ガソリンなどを使用する燃焼系ランタンと、手軽で扱いやすいLEDランタンがある。

燃焼系ランタンの温かみのある光や大光量な点は魅力的だが、テント内で使えないことや小さな子どもがいることから、筆者はメインランタン、サブランタン共にLEDランタンを使用している。

しかし、これまでサブランタンとして長年使っていたLEDランタンが、雨に濡れてから調子が悪くなってしまい、点灯したりしなかったり……。いざ使おうという時に点灯しないと困るので、買い替えることにした。

買い替えにあたり、懐中電灯としても使える2WAYランタンを探していたところ、Viaggio+の「USB充電式ミニランタン」が、筆者の理想にピッタリだ。

USB充電式ミニランタンおすすめポイント

・18650リチウムイオン電池が3本付属しているので、長時間使用できる

・コンパクトサイズなので、持ち運びが楽

・懐中電灯としても使用でき、足元をしっかり照らしてくれる

リチウムイオン電池が3本付属し、7.5時間~16.5時間の点灯が可能

DSC3218-scaled

photo:片岡清

「USB充電式ミニランタン」が到着したので、早速、開封して付属品をチェックした。

付属品は、ランタン本体、ベルト、カラビナ、充電用ケーブル、18650リチウムイオン電池3本(1本は本体の中に付属)、日本語取り扱い説明書の6点。

18650リチウムイオン電池は、1本あたり2.5〜5.5時間使用でき、3本合計で7.5時間~16.5時間の点灯が可能

3本とも満充電の状態にしておけば、長時間の使用ができるが、市販の充電器があれば、1本が切れても残り2本を稼働させながら充電することもできる。

DSC3225-1-scaled

photo:片岡清

ランタン本体のサイズは、直径29.5×長さ138.3mmで、重量は168g。スマホとほぼ同じ大きさだ。

DSC3296-scaled

photo:片岡清

ポケットに入るコンパクトサイズなので、持ち運びも楽々。使いたいときにサッと取り出すことができる。夜の散歩などの普段使いにも使えそう。

ランタンの光量は220ルーメンで、サブランタンとしては十分な明るさ

DSC3229-scaled

photo:片岡清

カラビナが付属しているので、テント内に吊るしやすいのもGOOD。光量はLOWで110ルーメン、HIGHで220ルーメンで、3000ケルビンの柔らかい暖色がテント内を照らしてくれる。サブランタンとしては十分な明るさだ。

DSC3306-scaled

photo:片岡清

置いたままでも使用可能だが、テーブルにそのまま置いておくと不安定だったので、ランタンハンガーなどに吊るしておくのがいいかもしれない。

足元をしっかり照らしてくれるので、夜間の移動にも便利

DSC3291-scaled

photo:片岡清

懐中電灯は、遠くをより照らせるように7000ケルビンの白色を採用しているので、ランタンよりも足元を明るく照らせますし、照射距離は50mなので、遠くまで照らすことも可能だ。

Viaggio+の「USB充電式ミニランタン」は、防水防塵性能IP65なので、多少の雨なら濡れても大丈夫そう。アウトドアだけでなく、災害時などにも役立つ心強いアイテムである。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

USB充電式ミニランタンおすすめポイント

・18650リチウムイオン電池が3本付属しているので、長時間使用できる

・コンパクトサイズなので、持ち運びが楽

・懐中電灯としても使用でき、足元をしっかり照らしてくれる

(文、写真・カタオカ キヨシ/Source: Amazon.co.jp)

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み