無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


オキュラスの創業者はメタの状況をどう見ているのか…「メタの製品は今はまだよくないが、メタバースは成功する」

サンフランシスコで開催されたイベントで、オキュラスの創業者であるパルマー・ラッキーがオキュラスタッチのコントローラーを実演する様子。

2015年6月、サンフランシスコで開催されたイベントで登壇したオキュラスの創業者、パルマー・ラッキー。

Thomson Reuters

  • パルマー・ラッキーは2012年に創業したオキュラスを、2014年にはフェイスブックに20億ドルで売却した。
  • 彼はメタバースの構築を望んでいるが、現在フェイスブックが提供する「ホライゾンワールド」は「良くない」と述べている。
  • それでも、将来的には成功する可能性があると彼は考えている。

パルマー・ラッキー(Palmer Luckey)は、メタ(Meta、旧フェイスブック)のマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)CEOが開発したメタバース向け製品のことがあまり好きではないが、メタバース自体は最終的には成功すると考えている。

ラッキーは、2022年10月24日に開催されたウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)主催の年次会合「テックライブ」で、メタの中核となるメタバース製品「ホライゾンワールド(Horizon Worlds)」について「よい製品だとは思わない」と語った。

ラッキーは2012年に創業したバーチャルリアリティのスタートアップ、オキュラス(Oculus)を2014年に20億ドルでフェイスブック(Facebook)に売却した。ザッカーバーグはAR(拡張現実)やVR(仮想現実)のデバイスを通じてアクセスする没入型のデジタル世界「メタバース」に150億ドル以上の投資をしており、オキュラスの買収もその一環だった。

これだけ巨額の投資をしているものの、その成果として見えるのは「メタ」への社名変更、いくつかのVRヘッドセット、初期型のデジタルプラットフォームとなる「ホライゾンワールド」ぐらいのものだ。

ラッキーはホライゾンについて「よいものでもなければ、楽しいものでもない」と述べている。

「開発チームのほとんどのメンバーは、それがよい製品ではないということに同意するだろう」

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み