無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


中国で最も裕福な13人は1日で127億ドルを失った…習近平体制の3期目を市場が懸念する理由

10月24日、テンセントのポニー・マー(左)とアリババのジャック・マー(右)は合わせて37億ドルの損失を出した。

2022年10月24日、テンセントのポニー・マー(左)とアリババのジャック・マー(右)は合わせて37億ドルの損失を出した。

Wang Zhao/AFP/Getty Images

  • ブルームバーグによると、中国で最も裕福な13人は10月24日だけで127億ドルの損失を出した。
  • 彼らの損失は、習近平国家主席の3期目の就任をめぐる株式市場の大幅な下落によるものだ。
  • 投資家は、習近平の「ゼロコロナ政策」と「共同富裕」の推進による経済的な影響を恐れている。

ブルームバーグのビリオネア指数によると、2022年10月24日に香港株式市場で大規模な売りが広がり、14年ぶりの安値まで急落したことで、中国の富豪はたった1日で数十億円を失った。

習近平国家主席の権力強化により、彼のトップダウン方式の経済運営をめぐって中国経済回復の見通しに懸念が高まったため、ブルームバーグのビリオネアリストに載っている中国の富豪13人は、合わせて127億ドル(約1兆9000億円)の財産を失った。

ブルームバーグによると、テンセント(Tencent)の創業者兼CEOのポニー・マー(Pony Ma、馬化騰)は、純資産が25億ドル(約3700億円)減少して240億ドル(約3兆6000億円)になり、今回の市場暴落で最も大きな損失を被った人物になった。彼の損失は、香港市場に上場しているテンセントの株価の下落が主な原因で、10月24日の終値は前日比11%安の207香港ドル(約3900円)だった。

マーの仲間であるハイテク企業の大物たちも、同様に大きな打撃を受けた。ブルームバーグによると、アリババ(Alibaba)創業者のジャック・マー(Jack Ma、馬雲)は12億ドル(約1800億円)を失い、純資産は290億ドル(約4兆3000億円)に減少した。JD.comのリチャード・リュー(Richard Liu、劉強東)も純資産が13億ドル(約1900億円)減少して90億ドル(約1兆3000億円)になったという。アリババの株価はナスダックで13%、香港市場で11%下落した。JD.comの株価はナスダックと香港の両方で13%下落した。

ミネラルウォーターで富を築き、中国一の富豪となったチョン・サンサン(Zhong Shanshan、鍾睒睒)は、香港市場に上場している農夫山泉の会長であり、上海市場に上場している製薬会社、北京万泰生物薬業の大株主でもある。彼の純資産も10月24日に21億ドル(約3100億円)減少して600億ドル(約8兆9000億円)になった。

中国では政府が「共同富裕」(富裕層が貧困層と富を共有し、より平等な社会を作るべきだという概念)を推進する中、散発的に行われる新型コロナウイルスによるロックダウンや規制によって、中国企業の株価は2021年以降、圧力にさらされてきた。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み