無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アルファベット決算報告、広告収入は大幅減速…メタを含むデジタル広告業界に暗雲

ピチャイCEO

アルファベットのサンダー・ピチャイCEO

Brandon Wade/Reuters

  • グーグルの広告収入は前四半期に比べて20億ドル近く減少し、広告市場の減速を証明するものになった。
  • この結果は、メタを含むデジタル広告企業全体にとって「悪い兆候」だ。
  • この数字は「広告パートナーが予算を減らしている」と報告したスナップにも続くものだ。

グーグル(Google)の親会社、アルファベット(Alphabet)の四半期決算は、広告市場が苦しんでいることを証明しており、メタ(Meta)などの収益のほとんどを広告から稼ぐ企業にとっては悪い兆候だ。

2022年10月25日、アルファベットはグーグルの第3四半期の広告収入が第2四半期と比較して20億ドル(約2958億円)近く減少したと報告した。アルファベットのルース・ポラット(Ruth Porat)最高財務責任者は同社の決算説明会で、「一部の分野で広告費が減少した」ことが原因だと述べた。

「グーグルがつまずくのはデジタル広告全体にとって悪い兆候だ」と、インサイダー・インテリジェンスの主任アナリスト、エブリン・ミッチェル(Evelyn Mitchell)は述べている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み