無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


iPhoneにUSB-Cポートを搭載へ…アップル幹部「それ以外、選択肢がない」

iPhone

Reuters

  • アップルは、EUの法律に準拠するため、iPhoneにUSB-C充電ポートを搭載することにしたという。
  • しかし、同社はこの切り替えをしなければならないことについて不満を持っていると見られ、他に選択肢がないと述べている。
  • 現在、EUの法律では2024年秋までにすべての携帯電話やタブレットにUSB-Cポートを搭載しなければならないことになっている。

アップル(Apple)は、欧州連合(EU)の新しい法律に準拠するため、iPhoneの充電ポートにUSB-Cを採用することにした。しかし、自ら望んでそうしたわけではなさそうだ。

同社のワールドワイドマーケティング担当上級副社長であるグレッグ・ヨスヴィアク(Greg Joswiak)は、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)主催の年次会合「テックライブ」で、アップルは「明らかに」EUの規則に「従わざるを得ない」と、ジョアンナ・スターン(Joanna Stern)記者に語っている

USB-C搭載のiPhoneは登場するかというスターン記者の質問に対して「選択の余地はない」とヨスヴィアクは答えた。EU圏外で販売されるiPhoneやその他のアップル製品にもUSB-Cポートが搭載されるかどうかについては明言しなかった。

EUの法律では、2024年秋までに「EU圏内で販売されるすべての携帯電話、タブレット、カメラ」にUSB-Cポートを搭載することが義務付けられている

ヨスヴィアクは「政府が何を達成したいかを我々に伝えるのは構わない」と述べ、アップルには「かなり優れたエンジニア」がいて、技術的な解決策を見い出すことができるという。

その一例として補聴器を挙げた。アメリカ政府は携帯電話に対して補聴器との互換性を満たすように規制を設けたが、彼が言うにはそれはうまくいかなかった。

「我々は、Made for iPhoneという新たな方法を考え出した。それは業界標準になり、うまくいっている」

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み