無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


フォード、完全自律走行車の開発を停止…自動運転スタートアップを清算、レベル2とレベル3に注力

フォードのジム・ファーリーCEO

フォードのジム・ファーリーCEOは投資家に向けて、収益性のある完全自律走行車の実現には程遠いと話した。

Photo provided by Ford Motor Co.

  • フォードは完全自律走行車開発の優先度を変更する。
  • ジム・ファーリーCEOは、自律走行車の大規模な開発はまだまだ先だと語った。
  • このシフトは、フォードがフォルクスワーゲンと出資した自動運転のスタートアップ、アルゴAIを清算することを意味する。

フォードは、完全自律走行車開発の取り組みにブレーキをかけた。

「収益性の高い、大規模な完全自律走行車の開発は、まだまだ先の話だ」とジム・ファーリー(Jim Farley )CEOは2022年10月26日、第3四半期の決算発表と同時にリリースした書面で述べた。同社はレベル4の先進運転システム(ADAS)の実現について楽観視しているが、ファーリーCEOは「フォードがその技術を自分自身で開発する必要性はない」と話した。

レベル4は完全自律式で、人間のサポートなしでほとんどの道路を走行できる。テスラをはじめとする自動車メーカーはその開発を競っている。だが、商業化にはまだそこには到達していない。

フォードはもともと2021年までにレベル4のADASを実現するつもりだったが、ファーリーCEOは「状況は変わった」と述べた。

この方針変更は、フォードがフォルクスワーゲンと共同出資したロボタクシーサービス「アルゴAI」を終了させることを意味する。フォードは、同社に投じた税引前の金額で27億ドルを償却する。

アルゴAIは2022年5月、自律走行タクシーのサービスをフロリダ州マイアミとテキサス州オースティンで展開すると発表していた

「我々が行っているあらゆることで、『顧客にとって何が最良か?』を常に問いかけている」と、ファーリーCEOは語った。同社は、代わりにレベル2と3の自律走行車に注力する。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み