無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


中国軍事メーカーのロボット軍用犬…機関銃を搭載、ドローンで屋上に配置する映像を投稿

「Kestrel Defense Blood-Wing」というウェイボーのアカウントが、銃を搭載したロボット犬をドローンで屋上に着地させる動画を投稿した。

「Kestrel Defense Blood-Wing」というウェイボーのアカウントが、銃を搭載したロボット犬をドローンで屋上に着地させる動画を投稿した。

Kestrel Defense Blood-Wing

  • 中国の民間軍事防衛会社による最新の製品は、SFドラマ「ブラックミラー」のような世界観を体現している。
  • 同社は中国のソーシャルメディア、ウェイボーに、機関銃を搭載したロボット犬の動画を投稿した。
  • 動画には、ロボット犬がドローンで運ばれる様子が映されている。

ドローンで運べる機関銃搭載のロボット犬という恐ろしい新製品の動画が披露された。

2022年10月3日、中国の民間軍事企業、Kestrel Defenseと関連のある「Kestrel Defense Blood-Wing」というウェイボー(Weibo)のアカウントが、このソーシャルメディアに機関銃を搭載したロボット犬が大型ドローンで運ばれる様子を映した動画を投稿した。そのロボット犬は屋上に下ろされると、立ち上がって歩き始めた。

「空から軍用犬が降臨!」

投稿にはそう書き添えられている。

「この力強いドローンは、敵陣の背後に回ってその弱点に奇襲をかけるために、戦闘犬を直接送り込むことができる。これらを屋上に配置し、地上の部隊と連携して建物内の敵を待ち伏せすることも可能だ」

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み