無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アマゾンの自費出版で月に240万円稼ぐ夫婦。執筆・デザインスキル0でもビジネスとして成功させる方法

スー・アーヴェンとその夫。

本記事の著者であるスー・アーヴェンとその夫。

提供:スー・アーヴェン

2020年、私と夫はパンデミックのさなかにレイオフされた。でもレイオフされる前から疲れ切っていたのも事実だった。私は時給10ドルの仕事でこき使われていたし、夫は介護施設に薬を届ける契約運転手として働いており、週に1日しか休みがなかった。

労働時間を減らすためには、もっと別の方法で収入を得る必要があるのは明らかだった。つまりは副業だ。そこで夫婦でさまざまな副業に手を出してみたが、残念ながらどれもうまくいかなかった。

ブログとアフィリエイトを始めたものの、これで成功するにはSNSで大勢のフォロワーがいなければダメだとすぐに気づいた。ネット通販も試してみたが、仕入れコストがかさむうえ、特にパンデミック期間中は中国からの配送に信じられないくらい時間がかかった。自動販売機を購入して設置することも考えたが、これも初期費用がかかるし、パンデミック中に儲かる仕事とは思えなかった。

もはやお手上げか……と思っていた時に、YouTubeで見つけたのが「Amazon KDP」だった。KDPとは、「キンドル・ダイレクト・パブリッシング」(Kindle Direct Publishing)のこと。アマゾンを通じてさまざまなものを自費出版できる仕組みだ。

自費出版には小説やエッセイ、写真集のような「コンテンツ力の高い」ものもあるが、私たちの戦場はそこではない。ノートや日記帳、手帳、フィットネス記録帳、旅日誌、ぬり絵帳、パズルブックなどの「コンテンツ力の低い」出版物だ。

アマゾンで実際に私たちが販売しているスケッチブック。

アマゾンで実際に私たちが販売しているスケッチブック。

提供:スー・アーヴェン

出版なんて難しそうと感じるかもしれない。だが、商品をデザインして出品しさえすれば、あとはアマゾンがその商品を販売し、印刷と顧客への発送も請け負ってくれる。売れればそのたびに印税を受け取ることができるのだ。

YouTubeで動画を何本か見た後、私たちも挑戦してみることにした。デザインスキルもライティングスキルもなかった私たちだが、2020年6月にAmazon KDPで販売を開始し、1カ月目から利益を出すことができた。

今では月平均5000~1万ドル(約72万〜145万円、1ドル=145円換算)の収入があり、これまでで最も成果が出た月は1万7000ドル(約246万円)の収益を得ることができた。

Amazon KDPのメリットの1つは、自分の好きなように時間をかけられることだ。隙間時間の副業として始め、軌道に乗ったら主な収入源に変えることもできる。私たち夫婦は今ではKDPをフルタイムの収入源にしている。だが、まずは副業としてやってみることをお勧めする。

デザイナーでもライターでもない人が、KDPで成功するための重要なポイント3つを紹介しよう。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み