アマゾンが無料の「スタートアップ共創施設」を再始動させた“本気度”

AWS Startup Loft Tokyo

AWS Startup Loft Tokyoの室内。

撮影:笠原一輝

アマゾンのクラウドサービス子会社のAWS(Amazon Web Services)は、コロナ前に提供してきたスタートアップ企業向けのコワーキングスペース「AWS Startup Loft Tokyo」を、11月1日より再開する。10月27日、都内のAWS東京オフィスで開いた記者会見で発表した。

会見にはAWSのほか、ベンチャーキャピタル(VC)、経済産業省、スタートアップ関係者ら、一堂に会するのは珍しい顔ぶれが登壇した。

背景には、コロナ禍からの復旧という「モメンタムの転換」を大きく打ち出そうという狙いがある。

スタートアップなら無料。AWSのコワーキングの充実度

002

AWS Startup Loft Tokyoが11月1日より再開する。起業家やスタートアップ関係者、VCなどが対面でコミュニケーションする拠点の価値とは?

出典:Amazon Web Services

AWSは、クラウド事業者として、グローバル市場で2位のMicrosoft Azure、3位のGoogle Cloud Platform(GCP)を引き離してシェアトップを維持している。

そもそもAWSは2018年10月から、スタートアップ支援を目的として、AWSの東京オフィスがある目黒駅近くのビルにAWS Startup Loft Tokyoを開設していた。その後コロナ流行により2020年3月から一時クローズしていたが、このほど満を持して再開するわけだ。

AWS Startup Loftは、サンフランシスコ、ニューヨークについで、東京が3番目に作られた。

AWS Startup Loft Tokyoは世界で3つめの常設Loft。

AWS Startup Loft Tokyoは世界で3つめの常設Loft。

出典:Amazon Web Services

AWSによると、このAWS Startup Loft Tokyoでは、スタートアップ企業がこの場に集うということが重要なのだという。

スタートアップの関係者同士が交流し、そこから刺激を受けて、新しいイノベーションやアイデアが生まれる……そういう好循環を狙っている。

施設内にあるアマゾンの配送ロッカー。

施設内にあるアマゾンの配送ロッカー。

撮影:笠原一輝

006

JR目黒駅に至近の好立地、さらに眺望もとてもよい環境だ。

撮影:笠原一輝

コワーキング

コワーキングらしい、横並びのワーキングデスク。

撮影:笠原一輝

008

会議室も用意されている。

撮影:笠原一輝

キャッシュレス決済によるお菓子やドリンクの提供もある。

キャッシュレス決済によるお菓子やドリンクの提供もある。

撮影:笠原一輝

電源やワーキングデスクといったコワーキングスペースとして当然の基本設備のほか、アマゾンの配送ロッカーやスマホ決済で利用できるお菓子やジュースといった設備も用意されている。

Ask An ExpertのコーナーではAWSのエンジニアに質問ができる

Ask An ExpertのコーナーではAWSのエンジニアに質問ができる。

撮影:笠原一輝

012

各種イベントも開催される計画。

出典:Amazon Web Services

大企業のスタートアップ支援施設としてユニークなのは、スタートアップの資金調達や従業員の雇用の課題などの相談にも乗れるよう、VCの関係者による面談やイベントなどもプログラムされていることだ。

また、AWSの技術者がコワーキングスペースにやってきて、スタートアップを技術支援する取り組みも用意している。

これだけの施設や、スタートアップが集うという「雰囲気」を有した空間は 無料で提供される。

013

登録などは必要だが、AWSユーザーでスタートアップの関係者であれば無料で利用できる。

出典:Amazon Web Services

コワーキング施設を「無料」で提供するAWSの狙い

アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 スタートアップ事業開発部 本部長 畑浩史氏。

アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 スタートアップ事業開発部 本部長 畑浩史氏。

撮影:笠原一輝

こうした設備と支援計画を作り、コストをかけた施設を「無料」で提供するAWS側の狙いは?

アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社、スタートアップ事業開発部の畑浩史本部長は、次のように説明する。

「AWS自体が元々スタートアップとして始まった初心を忘れてはいけないと考えて、スタートアップ支援の活動を行なっている。実際、AWSはスタートアップと共に発展してきた歴史があり、その代表例としてはAirbnb、(今はセールスフォース傘下になった)Slack、日本ではゲーム会社などがある。

スタートアップの多くはITのインフラとしてクラウドをご活用していただくことが多く、ほとんどのスタートアップがクラウド・ネイティブになっている」(畑氏)

つまり、クラウドサービス最大手のAWSとしては短期的な収益性は考えていないのだろう。

スタートアップがAWSのクラウドを利用してくれて、上場するような規模に成長してくれれば十分に元が取れる。もしかしたら、そのうち何社かが、将来のAirbnbやSlackになる可能性すらある……そう考えているはずだ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み