無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ツイッター、従業員の半分をレイオフへ。残った従業員はフルタイムでオフィス勤務

Twitter staff may have to return to the office full-time, in a reversal of its flexible WFH policy.

ツイッターの従業員はオフィスに戻らなければいけないかもしれない。

Tayfun Coskun/Getty Images

  • イーロン・マスクに買収されたツイッターは、従業員の約半分を削減する予定だ。
  • アクシオスによると、残った従業員はフルタイムでオフィスに戻るように命じられるという。
  • ツイッターは、従業員が無期限で在宅勤務できるようにした企業のひとつだ。

ツイッター(Twitter)のリモートワークポリシーは、まもなくやってくるレイオフの後に終了する可能性があるとアクシオス(Axios)は2022年11月3日に報じた。

イーロン・マスク(Elon Musk)に440億ドルで買収されたツイッターは、約3700人の従業員を削減する計画だとInsiderが11月3日に報じた。これは、9月下旬時点の従業員の約半分に相当する。

アクシオスがツイッターの社内の情報筋を引用して報じたところによると、同社は人員削減の後、残った従業員にフルタイムでオフィスに戻るよう命じる予定だという。ツイッターのオフィスの近くに転居する必要がある従業員は、最短で60日間の猶予が与えられるるという。

ツイッターは、パンデミック時に従業員が恒久的にリモートで働くことを許可するポリシーを導入した最初の企業の1つだったので、この動きは大きな意味を持つ。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み