無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


全長1.9キロ! 「世界で最も長い旅客列車」に認定された、スイスのレーティッシュ鉄道

鉄道

swiss-image.ch/Philipp Schmidli

  • スイスのレーティッシュ鉄道は2022年10月、世界で最も長い旅客列車としてギネス記録に認定された。
  • 25編成、計100両の車両からなるこの列車は、全長1.9キロメートルを超えた。
  • 列車はスイス東部のユネスコの世界遺産に登録されている区間を走行した。

スイスの鉄道運行開始175年を記念したイベントで、スイスのレーティッシュ鉄道は「世界で最も長い旅客列車」としてギネス記録に認定された。

鉄道

swiss-image.ch/Philipp Schmidli


最新車両「カプリコーン」100両(4両、25編成)からなるこの列車は、全長1.9キロメートルを超えた。

鉄道

PHILIPP SCHMIDLI/ Swiss Image


列車はプレダからアルバノイまで、ユネスコの世界遺産に登録されている区間を走行した。プレダのアルブラトンネルやフィリズールに近いラントヴァッサー橋といった素晴らしい景色が楽しめるルートだった。

鉄道

swiss-image.ch/Philipp Schmidli


列車は22のトンネル、48の橋、数多くの急斜面やカーブを走り抜けていった。

鉄道

swiss-image.ch/Philipp Schmidli

「わたしたちは皆、アルブラ線を熟知しています。あらゆる勾配の変化を知っています」と運転士の1人、アンドレアス・クラメルさんはCNNに語った。

「100%秒単位でシンクロする必要がありました。全員が常にスピードとその他のシステムを制御しなければなりませんでした」


7人の運転士がこの列車を運転し、21人の技術者が安全な運行のために力を尽くした。記録達成を見守ろうと、沿線や駅には数千人が集まった。

635ffe445ff3360019756607

swiss-image.ch/Philipp Schmidli

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み