無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


2020年に崩壊した大型電波望遠鏡は「再建せず」… プエルトリコにあるアレシボ天文台のその後

アレシボ天文台

プエルトリコにあるアレシボ天文台の電波望遠鏡。左は2020年の崩壊前に撮影された写真。右は2022年10月に撮影された写真。

Arecibo Observatory/Paola Rosa-Aquino

  • アメリカの自治領プエルトリコにあるアレシボ天文台のビフォーアフター写真は、宇宙研究の一時代を終わらせた大型電波望遠鏡の崩壊のすさまじさを示している。
  • 天文学者らは電波望遠鏡が失われたことを嘆き悲しんでいる。アレシボ天文台は自然災害に見舞われたこともある。
  • アレシボ天文台の電波望遠鏡は60年近く天文学に多大な貢献をしてきた。

プエルトリコにあるアレシボ天文台のウィリアム・E・ゴードン電波望遠鏡は60年近く宇宙を眺めるのに欠かせない存在だった。

小惑星の追跡から初めての太陽系外惑星の発見まで、アレシボ天文台はわたしたちの宇宙に関する知識に多大な貢献をしてきた。

天文台にある大型電波望遠鏡は地震やハリケーンなどさまざまな逆境を乗り越えてきたが、2020年12月1日にプラットフォームが下の主鏡に落下し、崩壊した。

あれから約2年、電波望遠鏡はどうなっているのだろうか?


アレシボ天文台の電波望遠鏡は、プエルトリコ北西部のシンクホールと呼ばれる自然の巨大な穴の中に作られた。

アレシボ天文台

1980年代に上空から撮影されたアレシボ天文台の様子。

Arecibo Observatory


周辺地域の住民たちも天文台の建設を手伝った。

建設作業

プラットフォームを支えるケーブルをつなぎ、持ち上げる労働者(1962年9月)。

Arecibo Observatory


天文台は1963年11月に完成した。望遠鏡の主鏡はもともと金網でできていたので、下のシンクホールが見通せた。

電波望遠鏡

アレシボ天文台のウィリアム・E・ゴードン電波望遠鏡。写真は1973年に主鏡が交換される前に撮影されたもの。

Cornell University/Arecibo Observatory


アレシボ天文台は、天文学者らにとって頼りになる存在だった。

研究者

アレシボ天文台でパソコン画面を見つめる天文学者のラリー・ウェブスター氏とジル・ターター氏(1992年10月10日)。

Roger Ressmeyer/Corbis/VCG via Getty Images


1974年には初めて、宇宙人に向けたメッセージを電波信号として送った。メッセージにはDNA情報や、人間とアレシボ天文台のシンプルなイラストなどが含まれていた。

アレシボ・メッセージ

「アレシボ・メッセージ」。

norro


1992年にはパルサー(数秒以下の周期で規則的に電波を発する天体。超新星爆発で生じる超高密度天体の中性子星)を周回する太陽系外惑星を初めて発見した。

パルサー

パルサーPSR B1257+12の太陽系外惑星(イメージ)。

NASA/JPL-Caltech/R. Hurt


その電波望遠鏡は、映画『007/ゴールデンアイ』(1995年)や『コンタクト』(1997年)にも登場した。

アレシボ天文台

『コンタクト』より。

ostinatoscope/YouTube


直径305メートルの巨大な主鏡が特徴だ。

技術者

ケーブルの点検作業をする技術者(1989年7月)。

Roger Ressmeyer/Corbis/VCG via Getty Images


主鏡の上にある金属製のプラットフォームを複数のケーブルが支えている。

電波望遠鏡

2012年7月9日。

Universal Images Group/Getty Images


重量約900トンのプラットフォームには受信機が乗っていて、約140メートルの高さに吊り下げられていた。

電波望遠鏡

2012年7月9日。

Universal Images Group via Getty Images


2017年のハリケーン「マリア」や地震の被害を乗り越えてきたが、電波望遠鏡は2020年12月に崩壊した。

ケーブル

2本の重要なケーブルが切れたことがプラットフォームの落下、電波望遠鏡の崩壊につながった。

Paola Rosa-Aquino


プラットフォームが落下する瞬間をカメラが捉えていた。


主鏡にはもともと3万7000枚のパネルが使用されていたが、残ったのは1万9000枚だ。

電波望遠鏡

多くのパネルが失われ、草木が目立つように。

Paola Rosa-Aquino


アレシボ天文台のビフォーアフター写真は、宇宙研究の一時代を終わらせた大型電波望遠鏡の崩壊のすさまじさを示している。

電波望遠鏡

プエルトリコにあるアレシボ天文台の電波望遠鏡。左は2020年の崩壊前に撮影された写真。右は2022年10月に撮影された写真。

Arecibo Observatory/Paola Rosa-Aquino


アメリカ国立科学財団(NSF)は2022年10月、アレシボ天文台の電波望遠鏡を再建しないと発表した。ただ、そのレガシーは生き続けるだろう。

アレシボ天文台

アレシボ天文台のエントランス(2022年10月)。

Paola Rosa-Aquino

[原文:Puerto Rico's iconic Arecibo Observatory won't be replaced after crashing to its doom 2 years ago. Dramatic photos and video show pieces of the broken telescope being overtaken by the jungle.

(翻訳、編集:山口佳美)

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み