無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


不況に備えるために必要な3つのこと…彼女の会社はこうして過去の不況を乗り切った

翻訳サービス会社、トランスパーフェクトの共同設立者、リズ・エルティング。

翻訳サービス会社、トランスパーフェクトの共同設立者、リズ・エルティング。

NYU Stern

  • リズ・エルティングは1992年にトランスパーフェクトを共同設立してから26年間、共同CEOとして同社を率いてきた。
  • その間、倹約とリスクの最小化により、2度の不況を乗り切った。
  • エルティングによる、不況に備えようとする起業家へのアドバイスを聞いてみよう。

リズ・エルティング(Liz Elting)は、グローバルな翻訳サービス会社、トランスパーフェクト(TransPerfect)を、26年にわたって共同CEOとして率いている。その間、アメリカではドットコムバブルの崩壊2008年のグレートリセッションという2つの大きな不況があった。

だが、経済が不安定な中でも、彼女の会社は堅調な状態を維持してきた。「特に悪い影響を受けることはなかった」と彼女は言う。

エルティングは、ニューヨーク大学でMBAを取得した1992年にトランスパーフェクトを設立した。フォーブス「アメリカで最も裕福なセルフメイドウーマン(自力で財を成した女性)」に選ばれており、2022年6月時点の純資産は3億7000万ドル(約540億円)と推定されている。2018年には、自社株を3億8500万ドルでトランスパーフェクトの共同設立者であるフィル・ショウ(Phil Shawe)に売却した。

専門家の間では、再び不況が到来するとの懸念が高まっている。アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)は11月2日、インフレ抑制に向けた4回目の利上げを行った。株価は下落しており、アメリカ人は貯蓄に手を付けるようになった。次の不況は1990年と1991年の不況に似たものになると推測するアナリストもいる。

エルティングはトランスパーフェクトのレジリエンス(回復力)は、彼女が「質素倹約のカルチャー」と呼ぶものに起因すると考えている。エルティングがリスクを最小限に抑えるために行っていることを、不況に備えようとする起業家に向けてのヒントとして、以下で紹介する。

クライアントを分散させリスクを軽減

トランスパーフェクトは、法律、製薬、通信、鉱業など、さまざまな業界のクライアントと取引する翻訳サービスとしてスタートした。つまり、1つの市場に依存することはなかった。

また、各クライアントが同社の売上に占める割合は2%以下だとエルティングは言う。そうすることでリスクを分散し、1つのクライアントが契約を解除したとしても、大きな損失にはならないのだ。

経済危機の中でも安定した収益を確保したいのであれば、このような方法を取るよう彼女は起業家にアドバイスする。

「1つのクライアントが売上の多くを占めないようにすることが重要だ。創業初期であれば、大口のクライアントが次のレベルへ導いてくれるが、同時に、少数のクライアントに依存しないようにすべき」

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み