無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「伝統的な価値」への回帰を美化? TikTokで話題の「トラッド・ワイフ」とは

トラッド・ワイフ

3万3000人のフォロワーに「トラッド・ワイフ」としての自身の暮らしを紹介するエスティ・C・ウィリアムズさん。

TikTok

  • TikTokで「トラッド・ワイフ」たちが伝統的価値への回帰を促している。「トラッド・ワイフ」は「トラディショナル・ワイフ(伝統的な妻)」を略した言葉だ。
  • こうした女性たちの多くは1950年代の価値観または聖書に書かれているイデオロギー、もしくはその両方を信奉している。
  • 多くの女性が仕事と家庭生活のバランスに悩む中、アメリカでは「トラッド・ワイフ」がトレンドになっている。

夫のコナーさんとアメリカのバージニア州に住んでいるエスティ・C・ウィリアムズさん(24)は、自分なりに家事を楽しくする方法をいくつか持っている。2022年6月に「Forever romanticizing my life #housewife #tradwife」というキャプションを付けてTikTokに投稿した動画で、ウィリアムズさんは専業主婦としての暮らしをもっと楽しくするために自身がやっているちょっとした工夫 —— 毎日メイクをする、音楽を聴きながら掃除をする、かわいい服を着る、照明の代わりにキャンドルをつけてお風呂に入るなど —— をシェアした。

ウィリアムズさんは自らを「トラッド・ワイフ」と呼んでいる。TikTokの動画でも説明しているように、ウィリアムズさんはトラッド・ワイフを「より伝統的な暮らしと超伝統的な性別役割分担を選んだ女性」と定義している。こうしたライフスタイルは、1950年代に一般的だった家庭モデル —— 夫が外に働きに出て、妻は家事をやるために家にとどまる —— への回帰だ。ウィリアムズさんは、トラッド・ワイフは女性の働く権利を奪おうとするものではないが、妻の役目は専業主婦になることだと信じている女性ひとりひとりの選択だと話している。

「わたしがこのライフスタイルを選んだのは、女性が自分たちのルーツからあまりに遠くへ流されていると考えているからです」とウィリアムズさんはInsiderに語った。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み