無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アップル、アマゾンに続きTikTokも「ボイスコマース」参入か。商標出願書から狙いを読み解く

TikTok

TikTokを運営するバイトダンスは、2022年9月に音声コマース分野を含む商標出願書類をアメリカで提出した。

Shutterstock

TikTokが音声を使ったショッピングを可能にする新技術のリリースを検討していることが、親会社のバイトダンス(ByteDance)が2022年9月にアメリカで提出した商標登録の出願書類から明らかになった。

今回バイトダンスは「Fulfillment by TikTok Shop(TikTokショップによるフルフィルメント)」と題する商標登録を出願。その中心となるのはオンラインショップのフルフィルメント(決済処理や発送のための梱包、倉庫保管サービス、返品処理といった一連の業務)に関連する商品・サービスだ。

しかし今回の出願には、音声によるオンラインショッピングや金融取引を可能にする付加的なサービスも含まれる。出願書類で触れられている分野は幅広く、電灯やテレビ、エアコンを遠隔操作したり、ニュース、天気予報、オンライン百科事典の情報を音声で検索したりする技術への言及もある。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular