無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


米シカゴ、12棟の「輸送用コンテナの家」からなるコミュニティーが2023年に誕生へ

イメージ

Vincennes Village

  • アメリカのイリノイ州シカゴでは2023年、12棟の"輸送用コンテナの家"からなるコミュニティー「ビンセンス・ビレッジ」が建設される予定だ。輸送用コンテナの家は30万ドル(約4200万円)~。
  • プロジェクト・マネージャーによると、「数百人」の見込み客がすでに関心を示している。
  • ビンセンス・ビレッジの家は地元で調達した、比較的新しい中古のコンテナを使って建てられるという。

木造住宅が脚光を浴びたこともあったが、いま注目されているのは独創的な工法だ。

建築現場

andykazie/Getty Images


住宅危機の影響で、アメリカでは多くの建設会社やスタートアップがユニークな家の建て方を模索せざるを得なくなった。

建設現場


3Dプリンターやプレハブを使う企業もあれば…

3Dプリントの家

Casey Dunn


使用済みコンテナに新しい命を吹き込み、現代的で豪華な多層階住宅を作る企業もある。

コンテナの家

The Box Hop


そして、シカゴでは近い将来、人々がこのユニークな鉄骨住宅に住むようになるかもしれない。

完成イメージ

Vincennes Village


2023年、シカゴの南側のグレーター・グランド・クロッシングに、12棟の"輸送用コンテナの家"からなるコミュニティーが建設される予定だ。

完成イメージ

Vincennes Village


プロジェクトを手掛けるチームによると、シカゴ初の輸送コンテナを基礎とした一戸建て住宅になるという。

完成イメージ

Vincennes Village


人々の関心もすでに高いようだ。

完成イメージ

Vincennes Village


「ビンセンス・ビレッジ」は住宅開発業者が所有する土地に建てられる。

完成イメージ

Vincennes Village


輸送用コンテナを使うのは難しく、コストがかかるとの批判もあるが…

完成イメージ

Vincennes Village

Source: Insider


プロジェクトを手掛けるチームは、異なる考えを持っている。

完成イメージ

Vincennes Village


プロジェクト・マネージャーのダリル・バートン(Darryl Burton)氏は、コンテナの家は一般的な住宅に比べて、少ない資材、時間、人手で建てられるため…

完成イメージ

Vincennes Village


「手頃な価格でラグジュアリーな家」を市場に提供できるという。

完成イメージ

Vincennes Village


カスタマイズも可能で、価格は30万ドル(約4200万円)~。

完成イメージ

Vincennes Village


ちなみに、不動産仲介のレッドフィン(Redfin)によると、グレーター・グランド・クロッシングの住宅販売平均価格は20万ドルだ。

完成イメージ

Vincennes Village

Source: Redfin


"コンテナの家"は平均価格を大幅に上回っているものの、少なくとも豪華な設備はついている。

完成イメージ

Vincennes Village


「コロナ禍の住宅市場やこの地域の今の人口構成を考えると、この辺りにはシカゴの未来をもっとよく反映した住宅が必要だと、わたしたちは考えています」とバートン氏は話している。

完成イメージ

Vincennes Village


車1~2台分のガレージ付きの家の広さは、約110~140平方メートルだ。

完成イメージ

Vincennes Village


住宅の間取りに関する情報はまだ公表されていないが…

完成イメージ

Vincennes Village


天井は高さ3メートル、埋め込み照明や中庭などがついているという。

完成イメージ

Vincennes Village

Source: Vincennes Village


寝室は3~4室で、長さ40フィート(約12メートル)、幅8フィート(約2.4メートル)のコンテナが使用されるという。

完成イメージ

Vincennes Village


コンテナは使い古されていないものを地元で調達する。

完成イメージ

Vincennes Village


本来の目的のために一度だけ使われたものを利用することで、コンテナを廃棄場から救うという。

完成イメージ

Vincennes Village


輸送用コンテナは、内部を暖かく保つことはできない。

完成イメージ

Vincennes Village


そのためシカゴの寒い冬でも快適に過ごせるよう、市のガイドラインに従って断熱性を高めるつもりだとバートン氏は話している。

完成イメージ

Vincennes Village


そして、コンテナには作り付けの壁があるため、施工も早く進みそうだ。1軒を3~4カ月で建てられるという。

完成イメージ

Vincennes Village


第1号は2023年1月に売りに出されるものの…

完成イメージ

Vincennes Village


コミュニティー全体が完成するのは、その9カ月後になる見込みだ。

完成イメージ

Vincennes Village


"コンテナの家"での暮らしは、伝統的な施工方法を好む人にとっては魅力的でないかもしれない。

完成イメージ

Vincennes Village


ただ、これまでに「数百人」の見込み客からビンセンズ・ビレッジに関する問い合わせがあったと、バートン氏は話している。

完成イメージ

Vincennes Village


そして、このプロジェクトをきっかけに、シカゴでは今後さらに輸送用コンテナを使った住宅建設が進みそうだ。ビンセンズ・ビレッジの担当チームは現在、シカゴの複数の土地所有者らと"コンテナの家"を建てる新たなプロジェクトの可能性について話し合っている。

完成イメージ

Vincennes Village

[原文:A community of shipping container homes in Chicago starting at $300,000 is already attracting interest see what it'll look like

(翻訳、編集:山口佳美)

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み