無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


子どものスクリーンタイム管理に。時間の大切さを教えるには、視覚的なタイマーがベストでした

A5842314-F834-4ECD-ABF9-A40D2B931D41_1_201_a-scaled

Photo: 中川真知子

こちらの記事は、ROOMIEから一部編集の上、転載しています。

子どものiphoneのスクリーンタイムがコントロール不可能になってしまった。

新型コロナウイルス感染症を理由に長く外出制限していたことと、筆者が忙しかったのが重なって、なし崩し的にデバイスを使う時間が増えてしまったのが原因だ。

休みが続くとスクリーンタイムが6時間近くになることもあり、早急に手を打たなくてはならなくなった。

「60分視覚タイマー」おすすめポイント

・アナログだから時間が減っていくのを視覚的に理解できる

・腰が重くなりがちなことのハードルを下げて「やる気スイッチ」を入れてくれる

・操作がシンプルだから子どもも率先して使う

アナログだから視覚で時間の減りがわかる

A0056AE8-5844-4443-8E9D-7612F88D1E14_1_201_a-scaled

Photo: 中川真知子

そこで、つまみを回転させて持ち時間を表示させられる、Living Hallの「60分視覚タイマー」を手に入れてみた。

これまでは、タブレットのタイマーをバックグラウンドで走らせたり、デジタルのタイマーを使ったりしていた。大人なら、デジタルでも問題ないが、10才に満たない息子は時間の感覚が掴めていないようだと感じることが多々あったからだ。

このタイマーなら徐々に赤い部分が減っていくので、直感的に残り時間を理解できる。残量をみながら、「まだ余裕があるな」とか「もう少しで終わりだな」とか、心の準備ができるのかもしれない

アナログ時計特有の、カチカチという音も心地いい。

やる気スイッチを入れてくれる

05C2B422-2ED9-48FC-9A53-C240804D02E2-scaled

Photo: 中川真知子

仕事も勉強もやり始めれば集中できるが、やる気スイッチが入らなくて困らないだろうか。

筆者は、「60分視覚タイマー」を5分にセットして、「たった5分でいいからやってみよう」と子どもに言っている。

5/60は視覚的にとても短く見えますし、「それくらいならやってみようかな」と思ってくれるようだ。

筆者は読書を30分で切り上げて、仕事に向かうために使ったり、25分のポモドーロテクニック用にしたりしている。

シンプルな操作性

54BF723D-7D55-4E76-82A3-FC026CCC280D-scaled

Photo: 中川真知子

60分視覚タイマー」は、ボタン操作など必要のないシンプルさが魅力的。

電池のフタを開けると、アラームが鳴る時間と、音量の調節つまみがある。

A2DAB89E-4487-42C9-9871-5DA6A1811689-scaled

Photo: 中川真知子

時間は3秒or60秒、音量は大or小から選択可能

消音機能はついていないので、その点は注意が必要だが、一度使い始めると、なくてはならない存在になった。

個人的に赤色よりモノトーンの方が好きだが、この赤がやる気というか闘志を湧き上がらせてくれていると思う。

子どものスクリーンタイムを制限したり、時間の大切さを知って欲しくて手に入れたアイテムだったが、今では筆者も愛用している。

「60分視覚タイマー」おすすめポイント

・アナログだから時間が減っていくのを視覚的に理解できる

・腰が重くなりがちなことのハードルを下げて「やる気スイッチ」を入れてくれる

・操作がシンプルだから子どもも率先して使う

※表示価格は 2022年11月11日11時現在のもの。変更や売り切れの可能性もありますので、それぞれ販売ページでご確認ください

(文、写真・中川真知子/Source: Amazon.co.jp

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み