無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「まるでSF映画」Amazonの極秘研究施設で見た、人と協働する“ロボット”の姿

BOS27

アマゾンのロボティクスと配送の開発拠点「BOS27」が世界各国の報道関係者向けに公開された。広さは35万平方フィート(約3万2500平方メートル)。

撮影:小林優多郎

「まるでSF映画のような光景だ」

それが筆者が、アマゾンが11月10日(現地時間)に、日本のメディア向けに初めて公開した研究・開発施設「Amazon Robotics BOS27」を取材した第一印象だった。

BOS27は有名大学などが集まるアメリカ・ボストンの近郊にあり、世界20カ国にあるアマゾンのさまざまな拠点で活用するロボットや配送技術の研究・開発を進める「極秘」の施設だ。

その技術の一部にはなるが、報道陣向けに公開された近未来の配送技術を解説しよう。

“物わかり”のいいロボットアーム「スパロー」

Sparrow

11月10日(現地時間)に披露された新型ロボットアーム「Sparrow」。

撮影:小林優多郎

「Sparrow(スパロー)」は今回の記者発表で世界初公開になったロボットアームだ。

かんたんに言ってしまえば「人間のように物体を識別して、持ち上げられる」ロボットになる。

アームの先端には伸縮する筒が数本ついていて、掃除機のようにモノを吸い取れるようになっている。

その筒の長さや吸引力の調整で、板状から袋状、筒状のものまで、アマゾンが扱う数百種類の商品を持ち上げられる。

Robin

見た目はSparrowに似ているが、ベルトコンベアから流れてくる箱をピックアップできる「Robin」。

撮影:小林優多郎

単にモノを持ち上げるだけなら「Robin(ロビン)」や「Cardinal(カーディナル)」といった既存のロボットアームでもある程度は対処できる。

Sparrowの真骨頂は「モノを識別できる」ところにある。センサーやカメラから得た情報を機械学習で処理して認識している。一連の処理はロボット自体(エッジ)と、中央サーバー(クラウド)のハイブリッドで行われている。

モノを識別できると、前述のように持ち上げられるものが多くなる。さらには、「ごちゃごちゃした中身の箱から正確に目的のものを取る」といった精密な作業も可能になる。

物流の大きな課題の1つで、人力作業による部分が大きい「荷物のピッキング」から作業員を解放するという意味で注目すべき技術と言えそうだ。

まさにコンピュータービジョンと機械学習技術、そしてロボティクスを合わせ持ったロボットアームというわけだ。

商品棚を運ぶ縁の下の力持ち「ドライブ」

ドライブ

BOS27でズラッと並ぶ運搬ロボット「ドライブ」。

撮影:小林優多郎

アマゾンの倉庫(フルフィルメントセンター、以下FC)ではさまざまなロボットが働いているが、日本の一部の拠点でも活躍するものが青いボディーが目印の「ドライブ」だ。

ドライブは「ポッド」と呼ばれる商品の入った棚を運ぶロボットだ。

ドライブの製造

BOS27ではドライブそのものの「製造」も行われていた。

撮影:小林優多郎

FCでは入荷した商品がポッドに入った状態で保管されており、システムによって、どのポッドにどの商品が入っているかが管理されている。

ポッドに人間のスタッフが商品を入れる時と注文があって商品を出す際、この青いマシン(ドライブ)がスタッフがいる場所までポッドを持ってくる仕組みだ。

2次元コード

ドライブは床の2次元コードで自分の位置や方向を把握している。

撮影:小林優多郎

ドライブが動く床にはレールなどはないが、代わりに2次元コードが一定間隔に貼り付けられている。

ドライブはこのコードを読み取りつつ、他のポッドやドライブにぶつからないように最短ルートで目的の場所まで移動する。

昔ながらの倉庫だと「人間(もしくはロボット)が商品のある棚まで行く」ことが当たり前だが、アマゾンの場合はこのドライブによって「目的の棚の方が来る」状態になっているわけだ。

国内でも、ロボットによる棚移動の仕組みは、職人工具のECベンチャー、モノタロウも最新の倉庫などで取り入れている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み