無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「FTX破綻」を解説…SBFとは誰か、FTXに何が起こったのか、仮想通貨業界にどんな影響があるのか

暗号取引所FTXの創設者

暗号取引所FTXの創設者、サム・バンクマン=フリード。

Tom Williams/Getty Images

  • サム・バンクマン-フリードと彼の仮想通貨取引所FTXが崩壊した。
  • 巨額の損失に加えて、連邦政府による捜査の可能性などが取り沙汰される事態となっている。
  • FTXの破綻は、より大きな仮想通貨(暗号資産)の崩壊が迫っているという恐怖を煽るものでもあった。

11月第一週に金融界に注目していた人は、アルファベット3文字の言葉を調べていたのではないだろうか。SBF、FTX、FTT。もしかしたら、SECも。

もうすでに何のことかわからないかもしれない。

簡単に説明すると、サム・バンクマン-フリード(Sam Bankman-Fried:SBF)と彼が設立した会社のFTXが見事に崩壊し、彼は純資産の94%とCEOの肩書を失い、彼の暗号帝国が破産を申請する結果となったということだ。

しかし、仮想通貨市場全体に影響を及ぼす可能性を含め、この出来事にはまだ多くのことが隠されている。何が起きたのか、そしてそれが何を意味するのかを解説しよう。

サム・バンクマン-フリードとは何者で、FTXとは何なのか

シリコンバレー出身でMITを卒業したサム・バンクマン-フリード(略してSBFとしても知られている)、慈善活動の世界やマーケットメーカーのジェーン・ストリート(Jane Street)での経験を経て、2017年に暗号取引会社アラメダ・リサーチ(Alameda Research)を立ち上げた。

その2年後、SBFと彼のチームは、トレーダー向けに安い取引手数料や高度なオプションなどの特典を備えた暗号交換プラットフォーム「FTX」を立ち上げた。ブルームバーグによると、FTXとアラメダは2020年だけでそれぞれ3億5000万ドルと10億ドルの利益を上げ、バンクマン-フリードは大金持ちになったという。

バンクマン-フリードの純資産はピーク時には260億ドルだったが、11月初めには160億ドルまで減少していた。30歳のとき、彼はすでに主要な政治献金者となり、トム・ブレイディ(Tom Brady)やジゼル・ブンチェン(Gisele Bündchen)といったセレブにFTXを宣伝させ、NBAのマイアミ・ヒートがプレーするアリーナの命名権を獲得していた。

何が起こったのか

11月初旬、コインデスク(CoinDesk)は、バンクマン-フリードの帝国の安全性を疑問視する爆弾のようなレポートを発表した

アラメダとFTXは別会社であるにもかかわらず、アラメダの資産のほとんどがFTXが開発した仮想通貨FTTに結びついていることが報じられたのだ。技術的には何も問題はないものの、FTXの流動性には疑問符がつくとCoinDeskは報じている。

その数日後、FTXの最大のライバルであるバイナンス(Binance)のCEO、チャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao、趙長鵬)が約5億3000万ドル相当のFTTを手放す決定し、事態はさらに悪化した。そのほかの顧客も慌てて引き出しにかかり、FTXには72時間の間に推定60億ドル分の引き出しが殺到した。

FTTの価値は32%急落したが、11月8日にバンクマン-フリードが、バイナンスがFTXを買収して事実上救済するとサプライズ発表したことで再び上昇した。

ではなぜ、 FTXはまだ問題を抱えているのか

11月9日、バイナンスはデューデリジェンス中に発見した、顧客資金の誤処理とそれに伴う連邦政府による捜査の可能性を理由に、この取引から手を引くと発表した。

このニュースにより、FTTはさらに急落し、バンクマン-フリードは1日で純資産の94%を失った

資金繰りに窮したバンクマン-フリードは、コインベース(Coinbase)のCEO、ブライアン・アームストロング(Brian Armstrong)を含む業界のライバルたちに救済を求めたが、無駄だった。11月11日、FTXは連邦破産法第11条の適用を申請し、バンクマン-フリードはCEOを辞任した。

なぜ、こんなことになったのか

バンクマン-フリードは一連のツイートで「2回失敗した」と述べ、FTXの崩壊は顧客の引き出しが多かったことと、FTXが負った負債の額について自身の見積もりが間違っていたことが原因だとした。

しかし、ロイターの報道は、他の要因があったことを示唆している。ロイターは匿名の情報源を引用して、2022年初め、アラメダが損失を被った後、バンクマン-フリードは誰にも告げずにFTXからアラメダに顧客の資金を移したと報じている。

FTXは、Insider社のコメント要請に応じていない。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み