無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


FTX破綻で“広告塔”だったインフルエンサーが謝罪。フォロワーからは「いくらもらってたの?」の声も

サム・バンクマン-フリード

破綻したFTXのCEO、サム・バンクマン-フリード。

FTX

11月11日に米連邦破産法第11条の適用を申請した仮想通貨取引所FTXは今、混乱のただなかにある。CEOのサム・バンクマン-フリードは同日付けで辞任し、FTX USは出金を停止した。

FTXは、NBAのマイアミ・ヒートと1億3500万ドル(約189億円、1ドル=140円換算)で19年間のスポンサー契約を結ぶなど、著名人、アスリート、インフルエンサーを起用することで注目を集めてきた。

だがFTX破綻のニュースを受けて、有料プロモーションやアフィリエイトで同社を宣伝してきたインフルエンサーたちが、ファンに謝罪する事態に陥っている。

その一人が、資産管理系のユーチューバー、グラハム・ステファンだ。ステファンは11月10日に「Let's talk about FTX(FTXについての話をしよう)」と題する動画を公開し、410万人にのぼるフォロワーに向けて次のように語った。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular