無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


関東では明日冷たい雨。その後は日差し届く日多い【週間天気 11月15〜21日】

週間天気予報

2022/11/14 05:27公開の週間天気

ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

  • 関東 明日の午前中は冷たい雨
  • 朝晩は気温下がる 寒暖差に注意
  • 木枯らし1号の可能性

関東 明日の午前中は冷たい雨

雨の予想図

雨の予想 15日(火)8時

ウェザーニュース

今日の午後から東海沖で風がぶつかり低気圧が発生するため、関東では明日15日(火)の午前中は南部を中心に雨の降るところがあります。雨に加えて北寄りの冷たい風も吹くため、気温は上がらず肌寒く感じられそうです。

そのほかの東日本や西日本の各地では、週末にかけて晴れる日が多くなる予想です。ただ、周期的に雲の広がる日もあるため、随時最新見解をご確認ください。

>>GPS検索 ピンポイント週間天気予報

朝晩は気温下がる 寒暖差に注意

北日本では低気圧や気圧の谷が短い周期で通過するため、曇りや雨の日が多くなります。低気圧や気圧の谷の通過後は一時的に冬型の気圧配置になり、寒気が南下しやすくなるため気温が下がります。まだ今シーズン雪が降っていない札幌では初雪となる可能性もあります。

東京など関東でも最低気温は10℃を下回る日が多く、日差しの届く昼間との気温差が大きくなる予想です。一日の寒暖差に注意してください。

>>アプリでピンポイント週間天気予報を見る

木枯らし1号の可能性

今年はまだ東京地方も近畿地方も木枯らし1号の発表がありません。木枯らし1号の基準は、対象期間は少し違いますが基本的にはどちらも「気圧配置が冬型であること」「風速8m/s以上の北寄りの風が吹くこと」です。

今週は何回か冬型の気圧配置となるため、木枯らしが吹く可能性があります。ただ、そこまで風が強まるかどうか微妙なため、気象庁や気象台の発表基準に達するかどうかはまだ不明確です。

発表がないにしても冷たい風が吹くことは変わらないので、マフラーや暖かなコートなどをそろそろ用意しておくのが良さそうです。

>>この先10日間の服装予報

(文・ウェザーニュース

"ウェザーニュース"より転載 (2022年11月14日公開の記事

ウェザーニュースは、株式会社ウェザーニューズが運営する天気専門メディアです。ウェザーニュースアプリでは、高精度な天気予報をはじめ、天気や季節に関する多彩なコンテンツを配信中。

※ウェザーニュース提供の記事に関する注意事項は、転載元ページの「ご利用に際して」をご確認ください。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み