無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


トレーニング中のケガ防止と効率アップに。現役ボディビルダー監修の「パワーグリップ」がおすすめ!

IMG_8098-2-scaled

photo:杢元主将

こちらの記事はルーミーから一部編集の上、転載しています。

今回ご紹介するのは、トレーニングをサポートしてくれるALLOUTの「パワーグリップ」。手首に巻いて固定することでケガを防ぎ、トレーニングの効率アップも期待できるアイテムだ。

ベンチプレスや懸垂などのトレーニングにおいて、疲れて握力がなくなってきてもグリップ力を補うことで、限界まで筋肉を追い込むサポートができる。

IMG_8099-scaled

photo:杢元主将

商品のおすすめポイント

・現役ボディビルダー監修

・フリーサイズで太めの腕にも対応可能

・お手頃価格かつ機能性もあってコスパ抜群

パワーグリップの装着方法

7c4e866123723e03ef075d660bf377c4-scaled

photo:杢元主将

LEFTとRIGHTがあるので、それぞれ装着する。金具にベルトを通し、手首に巻き付けてからマジックテープで固定すればOK。

フリーサイズなので、腕が太い男性の方でも使用できる。

懸垂

IMG_8171-scaled

photo:杢元主将

IMG_8182-scaled

photo:杢元主将

まずは懸垂から試してみた。ベロの部分を懸垂バーに巻き付けて、しっかり握ることでグリップ力が補強できて、手のひらにマメができるのも防げる

ベンチプレス

次はベンチプレスだ。このトレーニングは特に手首へ負担がかかるが、「パワーグリップ」を使えば快適にトレーニングできる。

IMG_8191-scaled

photo:杢元主将

このような感じで、バーに巻き付けて使用しよう。

ラットプルダウン

IMG_8203-scaled

photo:杢元主将

これはラットプルダウンという背中を鍛えるトレーニングで、懸垂と同じ要領で行う。

IMG_8198-scaled

photo:杢元主将

横から見ると分かりやすいかと。こうすることで握力が落ちてきてもグリップが助けてくれるのだ

デッドリフト

IMG_8216-scaled

photo:杢元主将

IMG_8225-scaled

photo:杢元主将

最後はデッドリフト。バーを下から上に引き上げることで背中を鍛えるトレーニング。

IMG_8210-scaled

photo:杢元主将

このトレーニングは手首と腰にすごく負担がかかる。「パワーグリップ」はもちろん、もし用意できるのであれば腰用パワーベルトの装着もおすすめだ。

まとめ

トレーナーさんに話を聞くと、ケガを理由にジム通いをやめてしまう方も結構多いのだとか。

これからも安全にトレーニングするために、「パワーグリップ」を使い続けたいと思う。

現役ボディビルダーが監修しているところも安心感アリ。執筆時点では2980円(税込)とお求めやすく、コスパにも優れたアイテムだと感じた。

商品のおすすめポイント

・現役ボディビルダー監修

・フリーサイズで太めの腕にも対応可能

・お手頃価格かつ機能性もあってコスパ抜群

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

(文、写真・杢元主将/Source: Amazon.co.jp)

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み