無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


『ハリー・ポッター』ファンも知らない? ルーナ・ラブグッドに関する10の事実

ルーナ・ラブグッド

映画『ハリー・ポッター』シリーズでは、イヴァナ・リンチがルーナ・ラブグッドを演じた。

Warner Bros.

  • ルーナ・ラブグッドは、『ハリー・ポッター』シリーズの中でも忘れられないキャラクターの1人だ。
  • その名前には隠れた意味がある。
  • ホグワーツ卒業後は魔法生物学者になった。

ルーナは『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』から登場する

ルーナ

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』で守護霊(パトローナス)を出現させるルーナ。

Warner Bros.

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』に登場して以来、ルーナ・ラブグッドはハリーの良き友であり、シリーズの主要人物の1人だった。

作者のJ・K・ローリングはこれまでツイッターやインタビュー、公式サイトなどを通じて、『ハリー・ポッター』の世界を7冊の本を超えて拡大させてきた。

これらの情報と原作を踏まえ、『ハリー・ポッター』シリーズの大ファンでも知らないかもしれないルーナ・ラブグッドに関する事実をいくつか見ていこう。


途中で名前が変わった

ルーナ

Warner Bros.

Pottermore(現在のWizarding World)の2015年のエッセーでローリングは、ルーナの名前はもともと"リリー・ムーン"になるはずだったと明かしている。『ハリー・ポッター』シリーズのために作者が考えた40人目の名前だった。

中には、ハリーのホグワーツ初日に、組み分け帽子が「ムーン」という名前を呼んだのを覚えているファンもいるかもしれない。ただ、それ以上の言及はなかった。

リリー・ムーンという名前をローリングが思いついたのは、ハリーの母親の名前をリリーに決める前のことだ。ローリングは、この名前が実際に使われることはなかったが、「風変わりな空想家の少女」のイメージを与えてくれ、最終的にルーナに落ち着いたとしている。


名前は彼女の性格を表してもいる

ルーナ

Warner Bros.

『ハリー・ポッター』シリーズに出てくる多くの名前同様、ルーナの名前にもローマ神話にさかのぼる特別な意味がある。

「Luna(ルーナ)」はローマ神話に登場する月の女神の名前で、月は狂気を呼ぶと複数の文明で信じてられていたことから「lunatic(ルナティック)」という言葉にもつながっている。

同じくルーナのエキセントリックな性格も、しばしば他の登場人物たちから誤解されていた。


イヴァナ・リンチはルーナ役に決まる前からローリングとつながりがあった

イヴァナ・リンチ、J・K・ローリング

イヴァナ・リンチとJ・K・ローリング。2013年のイベントで。

David M. Benett/Getty Images for Lumos

リンチは、映画『ハリー・ポッター』シリーズに出演するずっと前からシリーズの大ファンだった。

リンチは2018年のリアリティ番組『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』で、摂食障害の治療施設に入っていた時、ローリングと文通友達になったと語っている

2人は交流を深め、それがきっかけでリンチはルーナ役のオーディションを受けてみることにしたという。


ただ、ルーナ役を狙っていたのはリンチだけではなかった

シアーシャ・ローナン

シアーシャ・ローナン。

Steve Granitz/WireImage

映画『ハリー・ポッター』シリーズにウィーズリー家の双子役で出ていたジェームズ・フェルプスとオリバー・フェルプスのポッドキャスト『Normal Not Normal』の2021年のエピソードで、リンチは自分にとって初めての『ハリー・ポッター』オーディションは、数千人が参加したロンドンでの公開オーディションだったと語った。

その上、アカデミー賞にノミネートされたシアーシャ・ローナンもルーナ役を狙っていた

ローナンは2011年、「子どもだったわ。でもあの頃は『ハリー・ポッターに出たい!』と思ったの。世界一の仕事だと思っていたわ」と人気ブログ『Oh No They Didn't』に語っている。


ローリングは『ハリー・ポッター』の執筆当時から、ルーナには特別なビジョンを持っていた

ルーナ、ハーマイオニー

Warner Bros.

ルーナはさまざまな面で、ハーマイオニーの引き立て役または対照的な役だった。

Wizarding Worldによると、ローリングはルーナが「ハーマイオニーの正反対」だと明かしている。

「ハーマイオニーはいろいろな面でものすごく論理的で融通が利かない一方、ルーナは朝食前に不可能と思えるようなことを10個でも信じるようなキャラクターです」とローリングは説明している。


見た目は原作と映画で少し違う

ルーナ

Warner Bros.

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の10章で初めて登場した時、ルーナは「ぼさぼさの腰まであるくすんだ金髪」「淡い眉」「常に驚いているような飛び出した目」の持ち主だと描写されていた。

そして、その目は「銀灰色」とある。

ところが映画では、ルーナの髪色はプラチナまたはホワイトブロンドに近く、眉は髪色よりも濃く、目は明るい青色だ。


ルーナのアクセサリーの中にはリンチが作ったものも

ルーナ

Warner Bros. Pictures

リンチは原作シリーズの大ファンで、ルーナ役を演じる前は『ハリー・ポッター』の二次創作をかじるほどだったが、彼女の情熱はそこで終わりではなかった。

Normal Not Normal』の2021年の同じエピソードでリンチは、公開オーディションにはルーナを真似て自作のラディッシュのイヤリングを着けていったと語った。製作陣がこれを気に入り、リンチは映画の多くのシーンでこのイヤリングを着けていたと話している。

ルーナが着用した大きなグリフィンドールのライオンの被り物のデザインも手伝ったという。


ホグワーツ卒業後は、魔法生物学者に

ルーナ

Warner Bros. Pictures

ルーナと父親のゼノフィリウスは、2人ともナーグルといった知名度が低く、他の人々が信じていないような魔法生物の存在を信じていた。2人はしわしわ角スノーカックを探す旅に出たこともある。

ドキュメンタリー番組『J.K. Rowling: A Year in the Life』によると、ルーナはそうした信念を捨てなかった。ローリングによると、ルーナはホグワーツを卒業した後、魔法生物学者になり、たくさんの新種を発見した。

そして、魔法界で最も有名な魔法生物学者ニュート・スキャマンダーの孫ロルフ・スキャマンダーと結婚する。


その後、双子のママになったようだ

ルーナ

Warner Bros.

J.K. Rowling: A Year in the Life』でローリングは、シリーズ完結後にそれぞれのキャラクターがどのような人生を歩んでいるのか、詳しく語っている。

ルーナはロルフ・スキャマンダーと結婚した後、双子のローカンとライサンダーの母親になったと明かしている。


ネビルとルーナはもう少しで結ばれそうだった

ネビルとルーナ

Warner Bros.

『ハリー・ポッター』ファンは折に触れて特定の出来事の展開、中でもシリーズを通しての恋愛関係について、異議を唱えることがある。

ハーマイオニーはロンとハリーのどちらと結ばれるべきだったのかというテーマは議論が尽きず、ローリング自身も同様だ

ネビルとルーナも、シリーズのファンが結ばれるべきだったと考えているカップルのようで、Wizarding Worldによると、ローリングも2人の間に「ちょっとした結び付きを感じ」始めたとUSAトゥデイに語っていた。

ただ、最終的にローリングはネビルとルーナの組み合わせは「すっきりし過ぎている」と判断した。そして、2人は親友になったものの、「ネビルは常にルーナの荒唐無稽な空想癖を憂慮すべきものと考えていたでしょう」とローリングは話した。

[原文:10 little-known facts about Luna Lovegood even die-hard 'Harry Potter' fans may have missed

(翻訳、編集:山口佳美)

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み