無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


LinkedInで解雇体験を感情的に語ると、再就職がむしろ有利に運ぶ「5つの極意」

prime_linkedin_meta_web

大手テック企業が大規模な解雇計画の実施に踏み切る中、ソーシャルメディアでは行き場のない怒りや悲しみを赤裸々に語る投稿が増えている。

Evan Lorne / Shutterstock.com

勤務開始日まであと数日に迫った今年5月、突如レイオフを告げる電話を受けたステファニー(29歳、プライバシー保護のためフルネームは伏せる)は、ビジネス特化型ソーシャルメディアのリンクトイン(LinkedIn)にその理不尽な体験を投稿した。

ステファニーは4月に人材派遣会社マインドランス(Mindlance)を通じて、メタ・プラットフォームズ(Meta Platforms)でリクルーターのスケジュール調整を担当する契約社員のオファー(内定)を受けた。

ところが、その数日後にメタが採用凍結を発表したのと時を同じくして、彼女の契約も取り消されたのだ。

間もなく、ステファニーはリンクトインに投稿してレイオフをめぐる自らの体験を詳細に語り、再就職に向けてソーシャルメディアで自分とつながる知人友人たちにアピールした。

それは予想外の反響を生んだ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み