無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


エアビーCEOの自宅寝室に0円で泊まれる…おまけにクッキーも焼いてくれる

ブライアン・チェスキー

エアビーアンドビーのブライアン・チェスキーCEOは、「私にできるなら、あなたにもできる」ということを示すため、自分の寝室を宿泊先リストに掲載したという。

Mike Segar/Reuters

  • エアビーアンドビーのCEOであるブライアン・チェスキーは、サンフランシスコの自宅の寝室を同社の宿泊先リストに掲載した。
  • チェスキーは宿泊費は請求しないとしていて、予約は2023年3月まで埋まっているという。
  • チェスキーはゲストとホストのための保護プログラム「AirCover」のアップグレードを知ってほしいと思っている。

エアビーアンドビー(Airbnb)のCEOであるブライアン・チェスキー(Brian Chesky)は、サンフランシスコの自宅の寝室を同社の宿泊先リストに掲載した。宿泊は無料で、滞在中はチェスキーが一緒に過ごし、クッキーを焼いてくれるという。

チェスキーは2022年11月16日、「私はこの家に住んでいるのだからここにいることになる」と自身のツイッター(Twitter)にアップした動画の中で話しており、その動画の中では彼が自宅を撮影する様子が映っている。「15年前にもやったし、またやるつもりだ」とも話している。15年前のできごととは、エアビーアンドビーの初期、当時のルームメイトで同社の共同創業者であるジョー・ゲビア(Joe Gebbia)と一緒に、サンフランシスコのアパートでエアマットレスを貸し出していたことを指している。

その動画には愛犬と一緒に階段を下り、リビングルームと今回貸し出す予定のベッドルームを撮影するチェスキーの様子が映っている。

エアビーアンドビー 2022年冬季 新機能の紹介

チェスキーは2022年11月16日の「CBSモーニングス(CBS Mornings)」のインタビューで、エアビーアンドビーでホストをするのは、「エアビーアンドビーの創業者である私ができるのなら、あなたにもできる」ということを示すためだと語った。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み