無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


苦しむアメリカの中流階級…不動産価値の下落、インフレの拡大、賃金の停滞に直面

「FOR SALE(売家)」の看板

アメリカでは中流階級の人々が、最も確実に富を築くことができる不動産を手に入れることが難しくなっている。

The Good Brigade/Getty Images

  • 近年、裕福なアメリカ人はさらに裕福になり、低賃金労働者らはより高い賃金を求めて交渉している。
  • しかし、中流階級の人々の給料は伸び悩んでいるだ、とエコノミストらは指摘。
  • そして不動産市場の状況は、彼らにとって二重の痛手になっている。

パンデミック経済は、控えめに言っても波瀾万丈だ。

アメリカで最も裕福な人々に現金が流入し、低賃金労働者らはインフレが家計が圧迫しているが、交渉でどうにか、歴史的な賃上げを掴み取ることができた

だが、中流階級の人々には明るい面がなく、収入は伸び悩んでいるとカリフォルニア大学バークレー校の経済学者3人が最近発表した論文に記されている。3人はリアルタイム・インイコーリティー(Realtime Inequality)というプロジェクトに取り組み、各所得層の成長の統計を追跡している。それに加えて不動産市場の問題が、中流階級を富を築く伝統的な手段から遠ざけている。

リアルタイム・インイコーリティーのウェブサイトによると、アメリカの所得者の下位50%は平均年収が2万ドル(約280万円)で、2019年9月から2022年9月までの所得の成長率は6.4%だった。なお、平均年収約42万ドル(約5900万円)の上位10%は同7.6%、年収9万2000ドル(約1300万円)の中位40%は同2.6%だった。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み