無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ブラックフライデーでほしい商品を安く手に入れるための4つのポイント

ブラックフライデー

jayk7/Getty Images

  • 2022年のブラックフライデーは11月25日だが、小売店はすでにオンラインでセールを始めている。
  • 買うべきものと買うべきでないものを知ることは、混沌としたホリデーシーズンでの買い物の手助けになるだろう。
  • 実店舗での買い物を考えていないなら、感謝祭後にサイバーマンデーでオンラインのセールがある。

ブラックフライデーが近づき、買い物客は毎年セールで大騒ぎになるこの日に向けて備えている。

だが、かつて感謝祭の翌日に行われていたセールは11月中ずっと行われるような巨大なものになった。アマゾン(Amazon)、ターゲット(Target)、ベストバイ(Best Buy)などの小売店でのお買い得品はいたるところにあり、圧倒されるほどだ。

これらすべてのセール品がお買い得とは言えないが、中にはブラックフライデーで手間をかけて買う価値があるものもある。

お買い得なセール品を見つけるのに役立つ4つのポイントを紹介しよう。


お買い得品を早めに探し始めよう

2022年のブラックフライデーのセールを、11月25日まで待つ必要はない。限定セールがすでに展開されている。

Insiderで以前紹介しているように、ベストバイではすでに電化製品のブラックフライデー価格で販売しており、ホームデポ(Home Depo)では10月から割引を宣伝している。

だがWiredの記事では、デジタルガジェットを手に入れるには、木曜日の真夜中に始まる限定セールが最適だとすすめている。

目玉商品を実店舗で買うワクワク感が重要なら、セールの詳しい日時をチェックするべきだ。

買うものを決めておこう

目をつけていた商品のいくつかはブラックフライデーで値下がりするだろう。だが、その年ならではの商品に注目することが重要だ。年に何度もセールになるものもあるが、テレビの新製品などの一番のセールはホリデーシーズンに行われる。

もし実際に買い物に行くのなら、買いたいもののリストを事前に作ることで、欲しいものを自分で把握できる。値下がりした値札は魅力的に見えるが、計画しておくことで不必要な買い物の誘惑から逃れることができるだろう。

オンラインを利用してお買い得品かを確認しよう

ブラックフライデーは慌ただしい一日であり、買い物客は独力で乗り切る必要はない。感謝祭後の買い物に行くタイミングや価格を比較することができるサイトなど、ブラックフライデーをうまく利用するためのリソースがいくつもある。

Wiredによると、節約サイトのHoneyは、ウォルマート(Walmart)、ターゲット、ベストバイなどの小売店で売られている商品の過去の価格をチェックし、クーポンを探すのに役立つサイトだ。

サイバーマンデーを忘れないように

もし実店舗での買い物が必要ない、あるいはその機会がないなら、ブラックフライデー後の月曜日にオンラインで同じようにセールがある。オンラインでのショッピングはガジェットが中心だが、ブラックフライデーのお買い得品がまだ購入できる可能性もある。

ただし、サイバーマンデーはブラックフライデーと同様に神経を疲れさせるものだ。オンラインの商品は需要次第ですぐに売り切れるが、ブラウザにクレジットカードの情報を記憶させ、ブラウザの履歴を削除し、欲しいセール品のページを別のタブで開いておくことで、競争に勝つ可能性が高まるだろう。

[原文:4 tips to save big and avoid losing money as Black Friday deals flood the internet

(翻訳:Makiko Sato、編集:Toshihiko Inoue)

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み