無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ツイッターに代わるSNSになれるのか…200万ダウンロードを達成したHive Social(ハイブソーシャル)とは

ハイブソーシャルに乗り換え

Hive Social

  • ツイッターに代わるソーシャルメディアを探すユーザーがHive Social(ハイブソーシャル)に集まっている。
  • このプラットフォームは24歳の創業者、ラルカ・ポップと2人の従業員によって運営されている。
  • サーバーの不具合やなりすましの問題、コンテンツモデレーターを雇うかどうかなどについて、Insiderはポップに話を聞いた。

ツイッター(Twitter)を愛用していたが、次のソーシャルメディアアプリを探す人もいる。

イーロン・マスク(Elon Musk)CEOの嵐が吹き荒れるような経営スタイルとコンテンツモデレーション(投稿監視)に対する考え方によって、一部のツイッターユーザーはこの巨大なソーシャルメディアに代わるものを探すようになった。

その候補として、最近ではマストドン(Mastodon)やタンブラー(Tumblr)といったアプリが挙がっているが、特にHive Social(ハイブソーシャル)への関心が急速に高まっているようだ。現在では、アップル(Apple)のApp Storeでティックトック(TikTok)をも上回るソーシャルアプリになっている。

従業員わずか3人のアプリ

Hive Socialは200万ダウンロードを達成し、そのペースは加速していると、同社の24歳の創業者、ラルカ・ポップ(Raluca Pop)はInsiderに語っている。

「我々は本当に安全で健全なコミュニティを構築し、維持してきた。このアプリを使うと本当に心地よく、リラックスした気分になれる」

カサンドラという名前でも活動しているポップは、高校生の時にHive Socialのアイデアを思いつき、2019年にローンチした。彼女は独学でコーディングを学び、もう1人の従業員と2人だけでこのアプリを運営していたが、2022年11月18日に3人目の開発者がチームに加わった。

重複ユーザー名の問題

Hive Socialが次のツイッターになれるかどうかは、まだ分からない。

11月17日、ハイブソーシャルの新規ユーザーの多くが、アカウントの設定で手こずっていることをツイッターで報告している。また多くのハイブユーザーが、同じユーザー名を持つ複数のアカウントを見たと報告しており、アプリ上になりすましが増える可能性が示唆された。「@elonmusk」というユーザー名のアカウントが11個もあることを示すスクリーンショットもある。

同社のサーバーが「1日の容量」に達し「アプリのすべての機能が無効化されたため、重複ユーザー名の発生を防ぐ機能も働かなかった」とポップは説明した。現在、問題の修復に取り組んでいるという。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み