無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ツイッター従業員「カフェテリアのメニューが変わった」…マスクCEOによるコスト削減の一環か

Elon Musk is seeking to cut costs at Twitter.

Yasin Ozturk/Anadolu Agency via Getty Images

  • ニューヨーク・タイムズによると、イーロン・マスクによるツイッターのコスト削減が進む中、同社のカフェテリアのメニューに変更が加えられたという。
  • ある従業員は、ニューヨークのオフィスでは11月21日からエビのグリルを提供していないと述べた。
  • イーロン・マスクは以前、ランチは会社に1人前400ドルの費用がかかっていると主張していた。

ツイッター(Twitter)のニューヨーク・オフィスのカフェテリアのメニューが、新しい所有者イーロン・マスク(Elon Musk)のコスト削減策によって変更されたと報じられている。

従業員の1人はニューヨーク・タイムズ(NYT)に対し、2022年11月21日にカフェテリアで2種類のマカロニ&チーズとサラダバーが提供されたが、エビのグリルなど、以前はあったアイテムがなくなったと語った。

マスクは以前、ツイッターの無料ランチ提供に問題を提起したことがある。 彼は以前、無料の従業員ランチは1食あたり400ドルのコストがかかっていると主張していた。

これに対し、元従業員のトレーシー・ホーキンス(Tracy Hawkins)は、マスクの見積もりは 「嘘だ」 と反論した。

ホーキンスはツイッターで 「朝食と昼食で1人1日20ドルから25ドルだった。これにより、従業員はランチタイムとミーティングの間も働くことができた。そして、オフィスの稼働率は20%から50%だった」 と述べている

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み