無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「カウボーイの服」から「Z世代のステータス・シンボル」へ… リーバイス、その169年の歴史

リーバイス

Hollis Johnson/Business Insider

  • デニムを考案したのはリーバイス(Levi's)ではないが、ブルージーンズを考案したのはリーバイスだ。
  • 創業169年のリーバイ・ストラウスは世界大戦、大恐慌、そして周期的に変化するファッション・トレンドを乗り越えてきた。
  • アメリカ西部のカウボーイに愛されたリーバイスのジーンズは、今ではセレブやZ世代の若者に崇拝されている。リーバイスのこれまでを写真とともに見ていこう(以下、敬称略)。

BFbanner40-3


リーバイ・ストラウスは1829年、バイエルン王国で生まれた

リーバイ・ストラウス

リーバイ・ストラウス。1850年代に撮影。

AP Photo

ストラウスは1847年、アメリカに移住した。ニューヨークに着いたストラウスは異母兄たちが営む織物の卸売事業を手伝い始めた。

リーバイスによると、その6年後の1853年、ストラウスは西海岸に織物事業の支店を立ち上げるためにアメリカ西部へ向かい、サンフランシスコで服や毛布といった商品を雑貨店に卸していた。


今日のようなジーンズが生まれたのは、それから数十年後のことだ —— ストラウスは仕立て職人と協力して、人々を夢中にさせるパンツを考案した

工場

リーバイ・ストラウスの工場(1882年、サンフランシスコ)。

Ullstein bild via Getty Images

1870年代初め、ストラウスの顧客で仕立て職人のジェイコブ・デイビスは、パンツの補強に銅のリベットを使うことを思い付いた。

デイビスはストラウスから生地を購入し、ボタンフライパンツを作った。これが客の間でヒットしたため、デイビスは特許を取ることにした。デイビスはストラウスにも声をかけ、1873年に特許が与えられた。

このパンツは現在のリーバイス501 —— 当時このモデルは「XX」と呼ばれていた —— に似ていて、バックポケット(1つ)、ウォッチポケット、サスペンダーボタンが付いていた。

今日のジーンズが誕生した。ただ、当時は「ウエスト・オーバーオール」または単に「オーバーオール」と呼ばれていた。リーバイスによると、「ジーンズ」と呼ばれるようになるのは、1960年代に入ってからだ。ジーンズはフランス語の「Gênes(ジェーヌ)」から来ていて、イタリアの港街ジェノヴァ —— この港街では船乗りたちがしばしばデニムを着用している —— を意味するとViceは報じている。


1886年、リーバイスは2頭の馬のロゴが入ったレザーパッチを付けるようになった —— このロゴは今でも使われている

レザーパッチ

Sean Gallup/Getty Images

時間とともに、ジーンズのデザインも変化していった。1901年にはバックポケットが2つになり、1922年にはベルトループが付くようになった。

リーバイスによると、1937年には客のリクエストに応えて、トレードマークであるバックポケットのリベットを覆った。座り心地を良くし、馬具や布地に傷をつけないためだという。


ただ、1880年代に作られたリーバイスの製品の中には、アメリカの暗黒時代を思い起こさせるようなものもある

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み