無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


499万円“戦略価格”の新型EV、フォルクスワーゲン「ID.4」試乗レポ…「過剰さ」なしの実用車

車の写真

撮影:Business Insider Japan

フォルクスワーゲンの普及価格帯の新型EV「ID.4」が11月22日、日本上陸を発表した。

グレード展開は499万円(一充電走行距離388km※)の「Lite Launch Edition」と、636万5000円(同561km※)の「Pro Launch Edition」の2グレード。

エントリーモデルが500万円を切る価格で登場したことは、戦略的な価格と言っていい。販売は、全国246拠点のフォルクスワーゲンディーラーのうち158拠点(11月22日時点)で取り扱う。

公道での試乗や室内空間のレビューは動画でもチェック。

撮影:山﨑拓実

実車試乗から、ミドルサイズSUVの注目株の1つを見ていきたい。

※フル充電時からの連続走行距離。いずれも、実際の走行環境に近い条件で燃費を算定した国際基準の燃費試験法「WLTC」モードでの計測。

ついに上陸した世界戦略車の実力

試乗の様子

都内でID.4を試乗。

撮影:山﨑拓実

試乗したのは「ID.4」の上位モデル「ID.4 Pro Launch Edition」(636万5000円)だ。

実車を初めて見た人は「意外と大きい」という印象を持つのではないだろうか。曲線を多用したデザインを採用しつつ、フロントのライト周辺やリアのテールランプからロゴ周辺などにボリューム感を感じさせる造形になっているためかもしれない。

車の写真

ID.4の背面。力強さを感じさせるボディーラインで、後ろからみると存在感がある。

撮影:Business Insider Japan

ただし、ボディーサイズは全長4585×全幅1850×全高1640mmと、国産車としてはやや大柄な日産アリアとほぼ同サイズ。実際には、わずかに小さい。特に車幅は機械式駐車場などに収まりやすいサイズの目安とされる「1850mm」ピッタリで、日本でも扱いやすいサイズ感におさまっている。

記者向けのプレゼンテーションでは、自社のミドルクラスSUV「ティグアン」との比較を示し、ティグアンよりホイールベースが55mm拡大し、室内の自由度が広がっていることを強調する。

車の写真

特徴的なブレーキランプ周辺と車名ロゴ。車名ロゴの「ID.4」は、一般的なシルバーではなく、あえてホワイト一色になっているのが目を引く。

撮影:Business Insider Japan

車内の様子

シンプルな印象のインパネまわり。装飾性を減らしていることもあって、ドライバー側から目の前に開ける風景は相当にスッキリしている。

撮影:山﨑拓実

ドライバーズシートに乗り込むと、左右に大きく広がるフロントガラスの見晴らしの良さを最初に感じる。ボンネットの鼻先はほぼ見えないので、左右幅が感じやすい(見切りが良い)とまでは言えないものの、不思議と「鼻先が見えなくて気を遣う」という感覚はない。SUVということで、前席の頭上空間などの広々感もある。

車内の写真

助手席側から撮影。展示車は2トーン仕様の内装で、なかなか上品だった。

撮影:Business Insider Japan

1時間に満たない短時間の試乗だったが、強く印象に残っているのは、最初にハンドルを握ってから、車両感覚がなじむまでの早さだ。「運転のしやすさ」と言ってもいいかもしれない。乗り始めて10分ほどで、まるで自分のクルマを運転しているような感覚になったのは、不思議な気分だった。

なぜそう感じるかの正体をさぐってみると、先ほどの「運転席からの見晴らしの良さ」は当然重要だが、「アクセルレスポンスの自然さ」、モーターで減速しながら充電する「回生ブレーキの穏やかさ」、細かいところでは「控えめでシンプルな内装」などにデザイン的な過剰さがまったくないところもポイントのようだ。

こういう「過剰にしない」ことの細かな積み重ねが、初めて乗ってもしっくりくる、肩肘をはらせないポイントのように感じる。

車内の写真

決して質素ではないが、一方で「EVっぽい先鋭感」を際立たせる装飾性は排除したインテリア。日常的に使う、実用的な電気自動車を狙ったという印象がある。

撮影:Business Insider Japan

やや交通量のある一般道のみでの試乗だったため、全開加速までは試していないが、普通に街乗りに使う限りではアクセルレスポンスは穏便でよくしつけられている。

モーターのパワーについては、Proで204馬力、Liteで170馬力(ともにトルクは310N・m)の数値を見ても、仕様として過激さを狙っていないことが分かる。要するに「車格としてきわめて普通」の領域におさまっている。

また穏やかな効き具合の回生ブレーキは説明員によれば減速G(減速時の加速度)で0.25G程度とのことだ。これは走行モードを「コンフォート」「スポーツ」と切り替えても、大きく変わる印象はなかった。イメージ的にはエンジン車のエンジンブレーキ風の効き方で、要するにクルマを日常的に運転する人なら慣れ親しんだ感覚に近い。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み