無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


グーグル、「AIにコードの書き方を教える」プロジェクトを密かに推進中。実現すれば人間のエンジニアの作業が大幅減に

サンダー・ピチャイの写真

Google CEOのサンダー・ピチャイ。

Stephen Lam/Reuters

グーグル(Google)は、機械学習を使ってコードを書き、修正し、アップデートするよう訓練する秘密のプロジェクトに取り組んでいる。

このプロジェクトは、画像、動画、コードなどを生成するためにアルゴリズムを使用する、いわゆるジェネレーティブAI(生成AI)の分野におけるグーグルの取り組みの一環だ。この取り組み如何では、グーグルの将来と開発者たちに大きな影響を与え得る。

この件に詳しい人物によれば、このプロジェクトはもともと「ピッチフォーク(Pitchfork)」というコードネームでアルファベット(Alphabet)の機密開発研究所「X」内で始まったが、2022年の夏にグーグルラボ(Google Labs)へと移管されたという。

グーグルに移ったということは、経営首脳陣の間で本プロジェクトの重要性が増していることを意味する。というのも、グーグルラボはVR/ARに関するプロジェクトを含む長期的な投資対象に取り組んでいる部門だからだ。

ピッチフォークは現在、Google Glass(グーグルグラス)などのムーンショット・プロジェクトに長らく携わってきたXの社員であるオリビア・ハタルスキー率いるラボ「AI開発者支援(the AI Developer Assistance)」の研究対象となっている。ハタルスキーは、ピッチフォークがグーグルに移転したのに伴い、同ラボに移籍した。

Insiderが確認した内部資料によると、ピッチフォークは「コードの書き方や書き換え方を教える」ために作られた。このツールは、プログラミングスタイルを学習し、その学習に基づいて新しいコードを書くように設計されていることが、本件に詳しい人物の証言やInsiderが確認した特許から確認できた。あるグーグルの担当者は次のように話す。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み